短頭症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Brachycephaly/Brachyceplalic
Single suture synostosis.png
Physiologically and other kind of cranial deformities
分類および外部参照情報
ICD-9-CM 756.0
DiseasesDB 29893

短頭症(たんとうしょう、英:brachycephaly)とは、前後径が幅に比較して短い状態のこと[1]。後頭部扁平を併発することが多い[1]

「後頭部扁平」との関係[編集]

後頭部扁平(こうとうぶへんぺい、英:flat occiput)とは、後頭部の曲率半径が減少している状態のこと[1]。俗に「絶壁頭(ぜっぺきあたま、英:flat head)」と呼称される。 上述した通り、短頭症は後頭部扁平を併発することが多いため、短頭症と後頭部扁平とは区別されないことがある。日本でも、後頭部扁平を指して短頭症と称することが多い。

種類[編集]

骨癒合性短頭症[編集]

骨癒合性短頭症(こつゆごうせいたんとうしょう)とは、乳幼児の頭蓋骨縫合が早期に癒合することによって起こる短頭症のこと。頭蓋骨縫合早期癒合症の1種である。

頭位性短頭症(変形性短頭症)[編集]

頭位性短頭症(とういせいたんとうしょう)または変形性短頭症(へんけいせいたんとうしょう)とは、向き癖などにより乳幼児の頭蓋が変形することによって起こる短頭症のこと。位置的頭蓋変形症の1種である。骨癒合性短頭症との対比において「非骨癒合性短頭症(ひこつゆごうせいたんとうしょう)」と呼称されることもある。

疫学[編集]

日本[編集]

日本では、調査・研究されてはいないため、不明である。ただ、日本は欧米ほど頭蓋変形に対する意識が高くないため、欧米よりも多いと考えられる。

アメリカ[編集]

アメリカでは、1歳未満の乳児の16~48%に位置的頭蓋変形がみられた[2]

カナダ[編集]

カナダでは、生後7から12週までの健康な新生児の46.6%に頭位性斜頭症がみられた[3]

診断[編集]

まずは、頭蓋骨縫合早期癒合症の診断を行う。

頭蓋変形に該当するかどうかは、頭長幅指数(英:cephalic index)によって診断する。

原因[編集]

頭位性短頭症は、乳児期に頭蓋への外圧が加えられることによって発症する。

出生前[編集]

子宮内において持続的な外圧が加えられることによって発症する[4]。具体的には、以下のような場合がある。

  • 骨盤位によって発症する
  • 横位によって発症する
  • 多胎によって発症する
  • 児童の骨盤腔内への早期下降によって発症する

出生時[編集]

出生時の外圧によって発症する。

  • 産道を通る際の外圧で発症する。
  • 吸引分娩の際の外圧で発症する。
  • 鉗子分娩の際の外圧で発症する。

出生後[編集]

  • 向き癖によって発症する。
  • ベビーカーやベビーシートに乗せることによって発症する。そのため、ベビーカーやベビーシートに乗せる時間を減らすよう勧告されており、代わりに抱っこ紐が推奨されている。どうしてもベビーカーやベビーシートに乗せるのであれば、巻いたタオルや枕を使うことが望ましい。
  • 頭部の打撲によって発症する。

健康への影響[編集]

斜頸[編集]

二次的斜頸(英:Torticollis)を発症する可能性がある[5]

脊柱側彎症[編集]

脊柱側彎症(英:Scoliosis)を発症する可能性がある[5]

顎関節症[編集]

顎関節症(英:Temporomandibular joint disorder)を発症する可能性がある[5]

歯列異常[編集]

歯列異常を発症する可能性がある[5]

発達遅滞[編集]

発達遅滞(英:developmental delay)を生じさせる可能性がある[6]

  • 頭位性斜頭症の乳幼児110人を対象に、ベイリー乳幼児発達検査(BSID‐Ⅱ)を実施[7]。精神発達の点で発達が進んでいる児はおらず、7%の児に中度の遅れがみられ、3%の児に重度の遅れがみられた。運動技能発達の点で発達が進んでいる児はおらず、19%の児に中度の遅れがみられ、7%の児に重度の遅れがみられた。
  • 生後6ヶ月の頭位性斜頭症の乳幼児と健康な乳幼児とを対象に、ベイリー乳幼児発達検査(BSID‐Ⅲ)を実施[8]。運動技能の点では、斜頭症児の方が平均して10ポイント低かった。認知・言語能力の点では、斜頭症児の方が平均して5ポイント低かった。
  • 生後36ヶ月の頭位性斜頭症児と健康児とを対象に、ベイリー乳幼児発達検査(BSID‐Ⅲ)を実施[9]。認知・言語・適応行動の点で、斜頭症児と健康児の差が最も大きかった。運動発達の点で、斜頭症児と健康児の差が最も小さかった。
  • 頭位性斜頭症児とその健康な兄弟姉妹を対象に、就学後の実態調査を実施[10]。頭位性斜頭症児の39.7%が、小学校で特別支援を受けていた。これに対し、同じ環境で育った健康な兄弟姉妹は、たった7.7%しか特別支援を受けていなかった。

予防[編集]

頭位性短頭症には、以下のような予防法がある。

タミータイム[編集]

タミータイム(英:tummy time)とは、乳幼児が起きているときに、保護者などの厳重な監督のもとで、乳幼児を腹ばいにして過ごさせる方法のこと[11]

体位変換法[編集]

体位変換法(英:repositioning)とは、乳幼児の頭の同じ位置ばかりが下に来ないように、乳幼児の体位を変える方法のこと[12]。 治療法としても有効である。

治療[編集]

どちらの短頭症も治療が必要である。

外科治療[編集]

骨癒合性短頭症は、外科治療を行うのが一般的である。

ヘルメット治療[編集]

頭位性短頭症は、ヘルメット治療を行うのが一般的である。

註釈[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]