タフムーラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タフムーラス

タフムーラスは、ペルシア叙事詩シャー・ナーメ』に登場する、古代イランの第3代目の王である。フーシャング王の子で、ジャムシード(『アヴェスター』における聖王イマ)の父とされる。また悪魔の束縛者であり、アフリーマンに騎乗して、世界中を駆け巡ったという伝説の持主である。

『シャー・ナーメ』によるとタフムーラス王は30年間王位にあり、その間に野生の動物を捕らえて訓練し、戦いに用いることを初めて行った。

また王にはシーダースプという大変敬虔な宰相がおり、悪魔たちを縛りつけ、王に悪魔を寄せつけなかった。そこでタフムーラスもアフリーマンを鎖につないで鞍をつけ、アフリーマンにまたがって世界を1周した。ところが王のいない間にシーダースプの捕らえた悪魔たちが逃げ、王宮を占拠した。王は急いで戻ってきて、軍を率い、悪魔たちを呪術で縛り、打ち倒していった。すると悪魔たちは秘術と引き換えに命乞いを始め、解放された悪魔たちは王に文字を教えた。

ところで、タフムーラスがアフリーマンに乗ったという伝説には続きがある。王は恐怖心を感じないことによってアフリーマンを支配し続けたが、それを知ったアフリーマンは王妃に自分を解放してくれるように頼み込んだ。そうとは知らずタフムーラスは王妃に、アフリーマンに乗っているとき、エルブルス山を通りかかると不安になる、と話してしまった。王妃はすぐにこのことを伝えたので、アフリーマンはこれを利用して王を傷つけたという。

より古い伝説では、イランの王タクマ・ウルパはアグラマニシュ(アフリーマン)をの形にして騎馬としたが、30年後に馬に喰い殺されたという。

大林太良はこの伝説を王殺しの馬として比較研究している。

参考文献[編集]