タニア・ラマルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はラマルカ第二姓(母方の)はセラダです。
タニア・ラマルカ Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Tania Lamarca en Ibiza 02.PNG
選手情報
フルネーム Tania Lamarca Celada
愛称 Niñas de Oro(ゴールデン・ガールズ)
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1980-04-30) 1980年4月30日(39歳)
生誕地 バスク州アラバ県ビトリア=ガステイス
居住地 アラゴン州ウエスカ県エスカリーリャ
身長 158cm[1]
体重 36kg[1]
種目 新体操
 
獲得メダル
スペインの旗 スペイン
オリンピック
1996 アトランタ 団体総合
世界選手権
1995 ウィーン 3ボール/2リボン
1996 ブダペスト 3ボール/2リボン
1995 ウィーン 団体総合
1995 ウィーン 5フープ
1996 ブダペスト 団体総合
ヨーロッパ選手権
1995 プラハ 3ボール/2リボン
1997 パトラ 5ボール
1995 プラハ 団体総合
1995 プラハ 5フープ
1997 パトラ 3ボール/2リボン
テンプレートを表示

タニア・ラマルカ・セラダTania Lamarca Celada, 1980年4月30日 - )は、スペインビトリア=ガステイス出身の新体操選手。16歳で出場したアトランタオリンピックの団体総合で金メダルを獲得した。

経歴[編集]

アトランタオリンピックのスペイン新体操団体チーム。後列左から4人目、男性チームドクターの前にいる小柄な選手がラマルカ
2006年に再会したスペイン新体操団体チームのメンバー。前列左がラマルカ


1980年4月30日、タニア・ラマルカはアラバ県の県都ビトリア=ガステイスに生まれた。同年6月15日には、同じく新体操選手のアルムデナ・シドがビトリア=ガステイスに生まれており、シドはオリンピック4大会の個人総合決勝に連続出場している。ラマルカは1995年に新体操競技のスペイン代表チームの一員となり、1997年まで代表チームを構成した。初めて出場した主要大会は1995年のヨーロッパ選手権プラハ大会であり、団体総合で銅メダルとなった。同年の世界選手権ウィーン大会では、団体総合で銀メダルを獲得した。1996年の世界選手権ブダペスト大会でも団体総合で銀メダルを獲得し、1996年のアトランタオリンピックでは団体総合で金メダルを獲得した。当時のスペイン代表チームは、タニア、エステーラ・ヒメネスマルタ・バルドーヌリア・カバニーリャスロレーナ・グレンデスエスティバリス・マルティネスであり、スペインがオリンピックの体操競技で獲得した初の金メダルだった。15歳から17歳だった彼女たちは、スペインのメディアに「Las Niñas de Oro」(ゴールデン・ガールズ)と呼ばれた。2006年にはカルロス・ベルトラン監督が彼女たちの再会を「Las Niñas de Oro」というドキュメンタリーとして撮影し、You Tubeに投稿した。2008年、ラマルカは自伝を出版した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 身長・体重はアトランタオリンピックで金メダルを獲得した1996年(16歳)のデータ。Sports Reference.comによる。

外部リンク[編集]