ゼムリャ・ブンゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンジュー諸島におけるゼムリャ・ブンゲの位置。

ゼムリャ・ブンゲ(ロシア語: Земля Бунге)またはブンゲ・ランドとはノヴォシビルスク諸島アンジュー諸島を構成する巨大な砂州。コテリヌイ島ファデエフスキイ島の間に位置する。面積は6,200 km2

南東に海抜11~21mに達するわずかなエリアを除いて島の大部分は海抜8mに満たず、嵐の際に浸水する。周期的に浸水している面積は、全表面の80%以上を占め、実質的に植生を欠いている[1]ロシアの極地探検家であるアレクサンドル・アレクサンドロビッチ・ブンゲにちなんで名づけられた[2]

脚注[編集]

  1. ^ anonymous, 1911, New Siberia Archipelago Archived 2007-12-22 at the Wayback Machine.
  2. ^ «Бунге Земля»ソビエト大百科事典 — slovari.yandex.ru

座標: 北緯75度25分07秒 東経141度00分49秒 / 北緯75.41861度 東経141.01361度 / 75.41861; 141.01361