セルゲイ・サルトゥイコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・サルトゥイコフ
S.V. Saltykov.jpg
伯爵
配偶者 マトリョーナ・サルトゥイコワ
家名 サルトゥイコフ家ロシア語版
父親 ヴァシーリー・サルトゥイコフロシア語版
母親 マリヤ・ゴリツィナ
出生 1726年
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
死亡 1765年
テンプレートを表示

セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・サルトゥイコフ伯爵ロシア語: Сергей Васильевич Салтыков; IPA: [sʲɪrˈɡʲej vɐˈsʲilʲjɪvʲɪt͡ɕ səltɨˈkof]1726年 - 1765年)は、ロシア帝国の貴族、宮廷侍従。大帝エカチェリーナ2世の最初の愛人として知られる。

経歴[編集]

エカチェリーナ2世は自身の回想録において、息子パーヴェル1世の実の父親がサルトゥイコフであることを強くにおわせている[1]。パーヴェルは「ほぼ確実に彼女の愛人の子」とされるが[2]、彼の外見や性格は公式の父であるピョートル3世に類似しており、真相は明らかではない[3]。好戦的で肥満体系だったパーヴェルと、背が高く顔立ちの整ったセルゲイ・サルトゥイコフとの間には、共通性がほとんどない[4]。ただし、彼女は回想録で、サルトゥイコフの兄弟が「醜悪」だったことを指摘している[5]

セルゲイ・サルトゥイコフの出身であるサルトゥイコフ家ロシア語版は、もともとロマノフ家にも匹敵するほどの影響力を持っていたボヤールの家柄である。彼は、ロマノフ朝最初のツァーリであるミハイル・ロマノフの姉妹タチアナ・フョードロヴナからだけでなく、女系を通してリューリク朝の様々な血を引いていた。女帝アンナの母、プラスコヴィヤ・サルトゥイコヴァもこの血縁出身だが、彼女の血縁はセルゲイの祖父につながっており、彼との直接的な関連はない。

セルゲイの妻であるマトリョーナ・バルクロシア語版の名は、彼女の祖母モデスタ・モンスに由来する。なお、モデスタはピョートル1世の愛人であるアンナ・モンスロシア語版や、エカチェリーナ1世の宮廷侍従であるウィレム・モンスロシア語版の姉妹である。なお、モデスタは1718年にウィレムの宮廷での不祥事を巡って公開むち打ち刑に処され、シベリアに追放された。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dangerous Liaisons. Liena Zagare, The New York Sun, Arts & Letters, Pg. 15. August 18, 2005.
  2. ^ RUSSIA'S OTHELLO Who was Abram Gannibal? For centuries, Alexander Pushkin's great-grandfather – an African slave who became a Russian noble – was thought to be an Abyssinian prince. Only when HughBarnes trekked to Cameroon did the dramatic truth emerge in black and white. Hugh Barnes, The Daily Telegraph (London), Book Section, Pg. 001. July 30, 2005.
  3. ^ Great Catherine: The Life of Catherine the Great, Empress of Russia by Carolly Erickson. Florence King, The American Spectator, Book Review, August 1994.
  4. ^ "Love, Sex And Power In Affairs Of State And Heart", Canberra Times, July 29, 2006.
  5. ^ Montefiore, Sebag, The Prince of Princes: The Life of Potemkin, (St. Martin's Press) New York, NY, 2000.

外部リンク[編集]

公職
先代:
ピョートル・チェルヌイショフロシア語版
ロシア帝国の旗 ロシア帝国駐仏大使
1762年 - 1763年
次代:
ドミトリー・ゴリツィンロシア語版