セリオン (セレマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セリオン(Therion)は、ギリシア語を意味する θηρίον (テーリオン)の英字転写であり、アレイスター・クロウリーが創始したセレマの体系における神格である。

神名としてのセリオン[編集]

セリオンは奔放な自然の力や、人間の内なる野性の力を象徴するセレマの神格であり、自然の力の源である太陽に関連付けられる[1]。セレマの根本的な典拠である『法の書』にはセリオンの名は見えないが、「獣」として言及されている。トート・タロットの「欲望」(Lust)のカードではババロンが乗る光輝く多頭の獣として描かれている。(「欲望」のカードは獅子宮に対応し、その支配星は太陽である。)

セレマ的魔術体系では、セリオンは太陽が昇る方角である東[2]に配当され、地の元素に対応する。セレマ的五芒星追儺儀式である「スター・ルビー」では、東に向かって「セリオン」という「力の言葉」を発する。

マスター・セリオン[編集]

アレイスター・クロウリー自身、しばしば「大いなる獣666」(the Great Beast 666)を自称し、A∴A∴文書の中ではマスター・セリオン(Master Therion)と名乗っていた。

ゲマトリア[編集]

以下に示されるように、ゲマトリア的にはセリオンの数価は666であり、また、666は太陽と救世主に関連付けられる数でもある。

Tav, Resh, Yod, Vav, Nun : 400+200+10+6+50 = 666
  • 「大いなる獣」を意味するギリシア語 Τὸ Μεγα Θηρίον (ト・メガ・テーリオン)を構成するギリシア文字数値化すると、
300+70+40+5+3+1+9+8+100+10+70+50 = 666
  • 太陽の惑星霊ソラト(Sorath)
Samech, Vav, Resh, Tav : 60+6+200+400 = 666
1+2+…+35+36 = 666
Shin, Mem, Yod, He, Shin, Vav, He : 300+40+10+5+300+6+5 = 666

脚注[編集]

  1. ^ Orpheus, Rodney. ABRAHADABRA - Understanding Aleister Crowley's Thelemic Magick. Weiser Books, 2005.
  2. ^ セレマ的東は、セレマの流れが発した聖地である、スコットランドのネス湖近辺のボレスキン館の方角でもある。

参考文献[編集]

  • Orpheus, Rodney. ABRAHADABRA - Understanding Aleister Crowley's Thelemic Magick. Weiser Books, 2005.
  • DuQuette, Lon Milo. The Magick of Aleister Crowley - A Handbook of Rituals of Thelema. Weiser Books, 2003.
  • Godwin, David. Godwin's Cabalistic Encyclopedia. Llewellyn Publications, 1994.
  • Crowley, Aleister. Sepher Sephiroth

関連項目[編集]

外部リンク[編集]