セリウムヒンガン石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セリウムヒンガン石(セリウムヒンガンせき、 Hingganite-(Ce))は、2007年に発表された新鉱物で、国立科学博物館鉱物学者宮脇律郎などにより、岐阜県中津川市の蛭川地域から発見された[1]化学組成はBeCe(SiO4)(OH)2で、単斜晶系ヒンガン石(Hingganite)グループに属する。最初に記載されたイットリウムヒンガン石(Hingganite-(Y))が、中国黒竜江省から産出し、付近の大興安嶺(Da Hinggan Ling)に因んで名付けられたため、和名は、ヒンガン石を興安石と書くこともできるが、殆ど用いられていない。

脚注[編集]

  1. ^ Miyawaki, R. et al. (2007): Hingganite-(Ce) and hingganite-(Y) from Tahara, Hirukawa-mura, Gifu Prefecture, Japan: The description on a new mineral species of the Ce-analogue of hingganite-(Y) with a refinement of the crystal structure of hingganite-(Y). Jour. Mineral. Petrological Sci., 102, 1-7.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]