セッソ・マット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セッソ・マット
Sessomatto
Laura Antonelli Sessomatto2 Dino Risi.jpg
監督 ディーノ・リージ
脚本 ルッジェーロ・マッカリ
ディノ・リージ
製作 ピオ・アンドレッティ
アドリアーノ・デ・ミケーリ
出演者 ジャンカルロ・ジャンニーニ
ラウラ・アントネッリ
音楽 アルマンド・トロヴァヨーリ
撮影 アルフィーオ・コンティーニ
製作会社 イタリアの旗 ディーン・ダヤン・チネマトグラフィカ
配給 日本の旗 日本スカイウェイ
公開 イタリアの旗 1973年12月20日
日本の旗 2005年8月20日
上映時間 120分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

セッソ・マット』(イタリア語: Sessomatto, 「性」と「狂気」の合成語)は、1973年(昭和48年)製作・公開、イタリアオムニバス映画である[1][2][3]

構成[編集]

  1. 第一話『奥様8時です』 - Signora sono le 8
  2. 第二話『二人と掘っ立て小屋』 - Due cuori e una baracca
  3. 第三話『決して遅すぎはしない』 - Non è mai troppo tardi
  4. 第四話『ハネムーン』 - Viaggio di nozze
  5. 第五話『帰っておいで! 僕のLittle Girl』 - Torna piccina mia
  6. 第六話『海外勤務のイタリア男』 - Lavoratore italiano all'estero
  7. 第七話『仇討ち』 - La vendetta
  8. 第八話『おかしなおかしな恋』 - Un amore difficile
  9. 第九話『ご招待』 - L'ospite

略歴・概要[編集]

本作は、1973年、イタリアの製作会社ディーン・ダヤン・チネマトグラフィカが製作、同年12月20日、イタリア国内で公開された[1]。全九話構成のオムニバス映画であり、全エピソードをジャンカルロ・ジャンニーニラウラ・アントネッリがキャラクターを演じ分けている[1]

日本では、1970年代に公開されることはなかったが、2000年(平成12年)6月7日キングレコードが同作のサウンドトラックをCDリリース、2004年(平成16年)12月にDVDがまずリリースされ[3]、翌2005年(平成17年)8月20日にビデオ会社の日本スカイウェイが配給して、初めて劇場公開された[1][2][3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順
アルファベット順

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d How Funny Can Sex Be?, Internet Movie Database (英語), 2010年9月3日閲覧。
  2. ^ a b セッソ・マット、キネマ旬報映画データベース、2010年9月3日閲覧。
  3. ^ a b c セッソ・マット、allcinema ONLINE、2010年9月3日閲覧。
  4. ^ Lorenzo Baraldi - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年9月3日閲覧。
  5. ^ Patrizia Mauro - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年9月3日閲覧。
  6. ^ Lorenzo Piani - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年9月3日閲覧。
  7. ^ Lino Puglisi - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年9月3日閲覧。
  8. ^ Cinzia Romanazzi - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]