ディーノ・リージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Dino Risi
ディーノ・リージ
生年月日 (1917-12-23) 1917年12月23日
没年月日 (2008-06-07) 2008年6月7日(90歳没)
出生地 イタリアの旗 ロンバルディア州ミラノ県ミラノ
死没地 イタリアの旗 ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画イタリア式コメディ)、テレビ映画
活動期間 1940年 - 2005年
活動内容 1940年 助監督となる
1952年 長篇劇映画を初監督
配偶者 クラウディア・リージ
著名な家族 フェルナンド・リージ
ネロ・リージ
クラウディオ・リージ 長男
マルコ・リージ 次男
主な作品
貧しいが美しい男たち
追い越し野郎
女の香り
 
受賞
ヴェネツィア国際映画祭
栄誉金獅子賞
2002年
セザール賞
外国映画賞
1976年女の香り
その他の賞
2002年 ヴェネツィア国際映画祭
テンプレートを表示

ディーノ・リージDino Risi1917年12月23日 - 2008年6月7日)は、イタリア映画監督脚本家である[1][2]マリオ・モニチェリルイジ・コメンチーニナンニ・ロイエットーレ・スコラとならぶ「イタリア式コメディ」の重要人物である。代表作は『貧しいが美しい男たち』、『追い越し野郎』、『女の香り[3]

来歴・人物[編集]

医学の素養[編集]

1917年(大正5年)12月23日、イタリアのロンバルディア州ミラノ県ミラノに生まれる[1][2]。26歳離れた兄フェルナンド撮影照明の技術者で、4歳下の弟ネロは、のちに詩人・映画監督となった[1]

父親はミラノの歌劇場スカラ座専属の医師であったが、リージが12歳になるころ死去した[3]

親戚や両親の友人に育てられて成長したリージは、精神科医としてのキャリアを始める[2][3]が、そのうち、映画批評が好きになり、ニュース記事やシナリオを書き始める。

1940年(昭和15年)、同郷の友人アルベルト・ラットゥアーダが共同脚本に参加し、助監督を務めることとなったマリオ・ソルダーティ監督、アリダ・ヴァリ主演の映画『小さな古風な世界』に、ラットゥアーダに誘われて、初めて助監督として参加する[1][2]

第二次世界大戦中、スイスジュネーヴに移住し、アテネ・ド・ジュネーヴでフランスの映画監督ジャック・フェデーに師事する[2]。第二次世界大戦後、1946年(昭和21年)から短篇映画やドキュメンタリーを20本近く演出する。1948年(昭和23年)11月12日、スイスのベルンで、長男でのちの映画監督クラウディオ・リージが生まれる[4]

商業デビュー以降[編集]

その後イタリアに帰還、ミラノに戻り、1951年(昭和26年)6月4日、次男でのちの映画監督マルコ・リージが生まれる[5]。同年、『ギャングと過ごすヴァカンス』で長篇劇映画監督としてデビューする[1][2]

ルイジ・コメンチーニ監督のヒット作『パンと恋と夢』(1953年)とその続篇『パンと恋と嫉妬』(1954年)につづき、第3弾で交代してリージが監督した「パンと恋と…」(Pane, amore e..., 日本公開題『殿方ごろし』、1955年)が成功し、リージは売れっ子監督となった。最大のヒット作は『貧しいが美しい男たち』(1956年)で[3]、同作は『美しいが貧しい娘たち』(1957年)、『貧しい富豪たち』(1959年)と三部作をなす[1]

困難な人生』、『追い越し野郎』、『怪物たち』、『女の香り』とすべてリージが監督した。『女の香り』は、1992年(平成4年)にハリウッドでリメイクされ、『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』(監督マーティン・ブレスト)となった。

1993年(平成5年)、リージに関する研究書 Dino Risi - maître de la comédie italienne が刊行された[6]

2002年(平成14年)、85歳のとき、永年の業績に対し、ヴェネツィア国際映画祭功労金獅子賞を受賞した[1]

2008年(平成20年)6月7日、イタリアの首都ローマで死去した[1]。満91歳没。

没後[編集]

リージの訃報に接したローマ市長ジャンニ・アレマンノは、「イタリアは、自国の映画と自国の文化にとって、気品と生命力に溢れる父親を失ってしまった」とコメントした[3]

2010年(平成22年)、第67回ヴェネツィア国際映画祭での「イタリアコメディ回顧展」のプログラムに、『木曜日』(1963年)、『女の香り』(1974年)、『あきれた刑事 南の島へ行く』(1987年)の3本が選ばれ、上映された[7]

おもなフィルモグラフィ[編集]

特筆以外はすべて監督作である[1]。劇映画の監督作に関してはフルリストである[1]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

第三話『4時間のパラダイス』 Paradiso per 4 ore : 主演ウーゴ・トニャッツィ
参加監督フェデリコ・フェリーニミケランジェロ・アントニオーニカルロ・リッツァーニフランチェスコ・マゼッリチェーザレ・ザヴァッティーニアルベルト・ラットゥアーダ

1960年代[編集]

第一話『電話の呼び出し』 - 主演ジーナ・ロロブリジーダニーノ・マンフレディ
参加監督ルイジ・コメンチーニフランコ・ロッシマウロ・ボロニーニ
Una giornata decisiva 篇 - 主演ニーノ・マンフレディ、アルベルト・ソルディ
参加監督フランコ・ロッシルイジ・フィリッポ・ダミーコ
Il marito di Attilia
参加監督ルイジ・フィリッポ・ダミーコ、ルイジ・ザンパ

1970年代[編集]

Con i saluti degli amici, Tantum ergo, Pornodiva, Mammina mammona, Senza parole の各篇 主演アルベルト・ソルディ、ヴィットリオ・ガスマン
参加監督マリオ・モニチェリエットーレ・スコラ

1980年代[編集]

第四話『ローマ』 Roma : 主演ロジャー・ムーアリノ・ヴァンチュラ
参加監督ブライアン・フォーブスエドゥアール・モリナロジーン・ワイルダー

1990年代 - 2000年代[編集]

Myriam
参加監督セルジオ・チッティヴォルファンゴ・デ・ビアシマウリツィオ・デッロルソクラウディオ・フラガッソアレックス・インファシェッリフランチェスコ・ラウダディオルイジ・マーニロレンツォ・ミエリ、マリオ・モニチェリ、アレッサンドロ・ピーヴァピノ・クワルトゥロファリエロ・ロザティシンツィア・Th・トリーニ

関連事項[編集]

関連書籍[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Dino Risi, Internet Movie Database (英語), 2010年9月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『外国映画監督・スタッフ全集』、キネマ旬報社、1989年5月 ISBN 4873760356, p.239.
  3. ^ a b c d e Italian director Dino Risi dies, BBCニュース (英語)、2008年6月7日付、2010年9月15日閲覧。
  4. ^ Claudio Risi - IMDb(英語), 2010年9月7日閲覧。
  5. ^ Marco Risi - IMDb(英語), 2010年9月7日閲覧。
  6. ^ 関連書籍、ISBN 8873010202
  7. ^ Italian Comedy - The State of Things Archived 2010年8月1日, at the Wayback Machine., 第67回ヴェネツィア国際映画祭 (英語), 2010年9月7日閲覧。
  8. ^ Fernando Risi - IMDb(英語), 2010年9月10日閲覧。

外部リンク[編集]