セシリア・コムナレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はコムナレス第二姓(母方の)はアルチャトリです。
セシリア・コムナレス
基本情報
本名 セシリア・コムナレス・アルチャトリ
通称 La Reina
階級 ライト級
身長 175cm
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
誕生日 (1988-12-04) 1988年12月4日(29歳)
出身地 パイサンドゥー
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 15
勝ち 14
KO勝ち 9
敗け 1
テンプレートを表示

セシリア・コムナレスCecilia Comunales Alciaturi1988年12月4日 - )は、ウルグアイプロボクサーパイサンドゥー出身。第3代・第4代WBA女子世界ライト級王者。

来歴[編集]

2009年1月10日、プンタ・デル・エステのホテル・ラス・デュナスでロレーナ・ナンシー・ロペスとデビュー戦を行い、初回1分34秒TKO勝ちを収めコムナレスがデビュー戦を白星で飾った。

2009年4月3日、地元パイサンドゥーでロクサーナ・ラケル・ペラルタとライト級4回戦を行い、4回3-0の判定勝ちを収めた。

2009年4月30日、ブエノスアイレスエスタディオ・ルナ・パルクに舞台を移しロクサーナ・ラケル・ペラルタとスーパーライト級4回戦を行い、4回3-0の判定勝ちを収め前戦から僅か27日で行われた再戦を制した。

2010年2月15日、カネロネス県ロス・ティタネスのクルブ・ロス・ティタネス・ラ・トゥナでヴィクトリーナ・ブリテスとライト級4回戦を行い、プロ初黒星となる4回0-3の判定負けを喫した。

2011年1月9日、プンタ・デル・エステのコンラッド・プンタ・デル・エステ・リゾート&カジノでハラナ・ドス・サントスとUBO女子ライト級王座決定戦を行い、6回KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年4月19日、地元パイサンドゥーでアリシア・スサーナ・アレグレと対戦し、10回3-0の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2012年3月30日、パナマシティアレナ・ロベルト・デュランでマリベル・サンタナとWBA女子世界ライト級王座決定戦を行い、初回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年11月3日、エントレ・リオス州コロンでシモーネ・ダ・シルバ・ドゥアルテと対戦し、10回3-0の判定勝ちを収めUBO王座の2度目、WBA王座の初防衛に成功した。

2013年7月20日、地元パイサンドゥーでマリソル・レイジェスと対戦し、初回1分48秒TKO勝ちを収めWBA王座の2度目の防衛に成功した。

2015年8月8日、モンテビデオラディソン・モンテビデオ・ヴィクトリア・プラザ・ホテルでリナ・ミラグロス・テハダとWBC女子インターナショナルライト級王座決定戦を行い、10回3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2016年6月4日、モンテビデオのラディソン・モンテビデオ・ヴィクトリア・プラザ・ホテルでバレリア・ロドリゲス・ドス・サントスとWBA女子世界ライト級王座決定戦を行い、8回49秒TKO勝ちを収め10ヵ月ぶりの王座返り咲きに成功した[1]

戦績[編集]

  • 15戦 14勝 9KO 1敗

獲得タイトル[編集]

  • UBO女子ライト級王座
  • 第3代WBA女子世界ライト級王座
  • WBC女子インターナショナルライト級王座
  • 第4代WBA女子世界ライト級王座

脚注[編集]

  1. ^ Cecilia Comunales Regains the WBA Championship Women of Boxing 2016年6月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
アレハンドラ・オリベラス
第3代WBA女子世界ライト級王者

2012年3月30日 - 2015年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
セシリア・コムナレス
空位
前タイトル保持者
セシリア・コムナレス
第4代WBA女子世界ライト級王者

2016年6月4日 - 現在

次王者
N/A