スミラオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スミラオ
Sumilao
—    —
アラルムの滝
ブギノドン州内でのスミラオの位置
座標: 北緯8度17分0秒 東経124度57分0秒 / 北緯8.28333度 東経124.95000度 / 8.28333; 124.95000
フィリピンの旗 フィリピン
地方 北ミンダナオ地方 (Region X)
ブキドノン州
創設 1956年7月1日
バランガイ 10
行政[1]
 - 市長 レイ・B・バウラ
面積
 - 計 196.95km2 (76mi2)
人口 (2010)
 - 計 25,668人
等時帯 フィリピン標準時 (UTC+8)
ZIP code 8701
市外局番 88
所得階層 3等

スミラオフィリピンブキドノン州の都市。面積は207.49km2。2007年現在の人口は21720人。カガヤン・デ・オロ市から南東約62kmに位置する。

産業[編集]

スミラオの経済は主に農業に依存しており、伝統的なトウモロコシ、野菜の栽培に加え、ドールデルモンテによってラカタンバナナパイナップルの栽培が行われている。また養豚等も行われているが、雇用される人員は限られており、スミラオとしては自然を利用した産業ないしは工業を起こして雇用の増加を促し、市民の収入源を確保する必要がある。

そのほか、ほうき土器ブロックなどが家内工業によって生産されている。

地名の由来[編集]

「スミラオ」という地名は現地の言葉で「再び光線が発せられた時」という意味の「konsumilaw da」から来ている。言い伝えによれば、超神秘的な力を持ったワル(Walu)という男がPalaopao丘の近くのKilabongあたりに住んでいた。

しかし、丘の下の平地に住んでいた特別な力を持つ「バイラン」(baylan)と呼ばれる7人の祈祷師が、ワルに関して下劣な話をでっち上げた。これに怒ったワルは丘の上から丘の下にいるバイランを指さし、あらん限りの声で彼らの悪心を叱りつけた。

この時、ワルの指よりギラギラと光り輝く光線が発せられ、7人はをつぶしてしまった。それ以来、この7人に同じ光線が再度発せられたとき目は治るであろうと言い伝えられている。

脚注[編集]

  1. ^ Official City/Municipal 2013 Election Results”. Intramuros, Manila, Philippines: Commission on Elections (COMELEC) (2013年7月1日). 2013年9月5日閲覧。