ストラスブール音楽祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
会場に使用されるストラスブール大聖堂

ストラスブール音楽祭フランス語: Festival de musique de Strasbourg)は、フランスストラスブールで毎年6月に3週間かけて開催されるクラシック音楽音楽祭である。

概要[編集]

ストラスブール出身の指揮者で当時ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団ヴァイオリニストだったシャルル・ミュンシュの尽力で、1932年ヴィルヘルム・フルトヴェングラーベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を招いて第1回の音楽祭が開催された。音楽祭は第二次世界大戦で中断されたものの、1947年にミュンシュやユーディ・メニューインらが参加して再開された。以後、多くの最高峰の音楽家や新進の音楽家を招いている。

1951年にはフランシス・プーランクの『スターバト・マーテル』とアンドレ・ジョリヴェの『ピアノ協奏曲』が初演された。また1957年にもプーランクのフルート・ソナタが初演された。

1986年ジョアキーノ・ロッシーニセビリアの理髪師』を皮切りに、オペラ音楽祭に装いが改められ、この試みは2005年まで続き、その間14の作品が上演された。

出典[編集]