ステファノ・グロンドーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ステファノ・グロンドーナStefano Grondona, 1958年 - )はイタリアのギタリスト。セルジョ・ノターロおよびオスカー・ギリアに師事。マスタークラスでジュリアン・ブリームアンドレス・セゴビアにも師事している。セゴビアは、ジョン・ウィリアムズオスカー・ギリアアリリオ・ディアスらとともに、「お気に入りの弟子」としてグロンドーナの名をあげている。グロンドーナ自身がクラシカルギターを始めたきっかけはアンドレス・セゴビアのレコードを聴いたことである。

数々のコンクールで入賞し、幅広いレパートリーで演奏活動を行っている。ヴィチェンツァ音楽院で後進の指導にあたる他、ロンドン王立音楽アカデミー, ギルドホール音楽学校などでマスタークラスを受け持っている。

作曲家/ギタリスト、ミゲル・リョベートに強い関心を抱いている。リラ・オルフェ(ミゲル・リョベートが率いた撥弦楽器アンサンブル)にちなんだノヴァ・リラ・オルフェというギターアンサンブルを展開している。また、リョベート全作品(オリジナルソロ曲、ソロ編曲、デュオ編曲、アンサンブル編曲)を録音している。また、全作品の楽譜も出版計画中である。

今までに数多くのアントニオ・デ・トーレスを使用してきている。またアクイラ弦の製造元ミンモ・ペルッフォと共同でガット弦の製作に関わるなど、楽器や弦の観点からも響きを追求している。

ピアニストのアルド・チッコリーニとCDを作る計画がある。

通算9度来日している(2008年8月29日現在)。

京都府南丹市美山町で隔年に行われる美山ギター音楽祭の主任教授である。

ディスコグラフィー[編集]

  • Stefano Grondona Plays Bach, Henze Petrassi
  • Novecento
  • La Guitarra De Torres
  • Lo Cant Dels Aucells
  • Baroque Images
  • Evocacions
  • La Leona
  • Homenaje
  • Respuesta
  • Humoresque

賞歴[編集]

  • 第1回ガルニャーノ国際ギターコンクール1位(1976)
  • 第11回アレッサンドリア国際ギターコンクール1位(1978)
  • Diploma di merito (キジアーナ音楽院)
  • Golden Guitar
  • IPECC 
  • セゴビア国際ギターコンクール第3位(1981)

外部リンク[編集]