スダルシャンクリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スダルシャンクリヤ(Sudarshan Kriya)は、シュリ・シュリ・ラビ・シャンカールによって1982年から普及した呼吸法

インドのタイムズ[1]によると、スダルシャンクリヤ呼吸法は、精神的のみならず物理的および精神的なレベルで作用するという。科学的にスダルシャンクリヤは、酵素遺伝子レベルで抗酸化状態を改善し、DNA損傷と細胞の老化を減らすことが知られている[2]。 心身医学の進歩により、さまざまな感情には独自の呼吸パターンがあることが証明されている。怒りを感じる場合は息は短く速い。その反対に異なるパターンの呼吸を通じて感情に影響を与え、心の制御を行うことも可能である。ヨガや座禅によって深く長い呼吸をすることで、心を穏やかにする影響は広く知られるところである[3]

スダルシャンクリヤ呼吸法によって脳機能が高められ、ストレスを軽減される結果が見られる[4]。免疫力および体内浄化力の改善も認められ[5]、心の平安にも役立つという結果もある[6][7]。さらに、2013年4月に発表された研究によると、スダルシャンクリヤ呼吸法を含むヨガの総合的な実践により、細胞の遺伝子レベルにも有益な効果が示唆されている[8]。 日本では、アート・オブ・リビング(一般対象)[9]およびシュリシュリ総合研究所(法人対象)[10]によって指導されている[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]