スコット・イーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スコット・イーブル(Scott Evil)は、オースティン・パワーズシリーズの複数の作品に登場する架空の人物。初登場は『オースティン・パワーズ』(Austin Powers: International Man of Mystery)


登場作品[編集]

演じた俳優[編集]

セス・グリーン(『オースティン・パワーズ』 - 『オースティン・パワーズ:デラックス』 - 『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』)

人物[編集]

関係する人物[編集]

劇中での活躍[編集]

オースティン・パワーズ[編集]

ドクター・イーブルの遺伝子から作られた息子。 当初は、イーブルに対して父親じゃないと言い出すが カウンセリングに通って以来仲良くなったか不明。夢は動物園獣医になる事。

オースティン・パワーズ:デラックス[編集]

ドクター・イーブルが自身で開発・製造したタイムマシン1969年へ向かい、オースティンから盗み出した『MOJO』を使用したことがきっかけでタイムパラドックスが発生し、最終的にドクター・イーブルとフラウ・ファービッシナの息子となった。

オースティン・パワーズ ゴールドメンバー[編集]

自ら組織の後継者になりたいとの申し出により、真の悪に目覚めた。父(ドクター・イーブル)の遺伝の所為か徐々に頭部が薄くなり、最終的にスキンヘッドとなる。 また、新兵器(レーザービームを搭載したサメ)を開発するなど、ドクター・イーブルの後継者として頭角をあらわにし、遂に地位でミニ・ミーを超えることになった。