ジョージ・ジーン・ネーサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
George Jean Nathan
生誕 (1882-02-14) 1882年2月14日
フォートウェイン
死没 (1958-04-08) 1958年4月8日(満76歳没)
ニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国
職業 演劇評論家、雑誌編集者

ジョージ・ジーン・ネーサン(英:George Jean Nathan、1882年2月14日-1958年4月8日[1]は、米国の演劇評論家、雑誌編集者。H. L. メンケンとともに文学雑誌『スマートセット』の編集者として活動し、後に『アメリカン・マーキュリー』誌を創刊・編集した。

インディアナ州のフォートウェインに生まれ、コーネル大学を1904年に卒業。大学では『コーネル・デイリー・サン』を編集し、栄誉学生会「Quill and Dagger」に名を連ねた。『バチェラー・ライフ』に対する賛辞を1941年に刊行する一方で、ネーサンは色男として知られ「Ladies man」の異名を持っていた。1955年には若年のジュリー・ヘイドンと結婚した。

1958年、ニューヨーク市にて逝去。76歳だった。ネーサンの名を冠する演劇評論賞「ジョージ・ジーン・ネーサン賞」など、演劇評論界に足跡を残した。「One does not go to the theater to see life and nature; one goes to see the particular way in which life and nature happen to look to a cultivated, imaginative and entertaining man who happens, in turn, to be a playwright」[2]や「Great art is as irrational as great music. It is mad with its own loveliness」[3]、「Bad officials are elected by good citizens who do not vote」[4](誤った為政者は、投票に行かない善良な市民によって選出される)、「Opera in English is, in the main, just about as sensible a plea as baseball in Italian」[5]など、数々の名言が遺されている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本語表記「ジョージ・ジーン・ネーサン」は日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部(2001)による。
  2. ^ Lumley, Frederick (1972). New Trends in 20th Century Drama: A Survey Since Ibsen and Shaw. London: Barrie and Jenkins. pp. 12. ISBN 978-0-19-519680-1. 
  3. ^ Nathan, George Jean、1926、『The house of Satan』A. A. Knopf。
  4. ^ Fadiman, Clifton、1955、『The American treasury, 1455-1955』Harper。
  5. ^ Nathan, George Jean (1926年1月). “"Opera+in+English+is+in+the+main+just+about+as+sensible+a+plea+as+baseball+in+Italian"&pg=PA107#v=onepage Clinical Notes”. American Mercury magazine. 2013年7月21日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]