ジョン・ド・ラ・ポール (初代リンカーン伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・ド・ラ・ポール
John de la Pole
John de la Pole, 1st Earl of Lincoln.svg
リンカーン伯ジョン・ドゥ・ラ・ポールの紋章
称号 リンカーン伯
出生 1462/4年
死去 1487年6月16日
イングランド王国の旗 イングランド王国ノッティンガムシャー、ストーク・フィールド
父親 第2代サフォーク公ジョン・ド・ラ・ポール
母親 エリザベス・オブ・ヨーク
テンプレートを表示

リンカーン伯ジョン・ド・ラ・ポール(John de la Pole, Earl of Lincoln, 1462年1464年 - 1487年6月16日)は、イングランドの貴族。

生涯[編集]

第2代サフォーク公ジョン・ド・ラ・ポールとエリザベス・オブ・ヨーク(ヨーク公リチャードセシリー・ネヴィルの三女)の間の長男として誕生した。第3代サフォーク公エドムンド・ド・ラ・ポールの兄。

母方の叔父である国王リチャード3世の統治の最後の年である1485年、リンカーン伯はヨーク派の血統の中で「リチャード3世に最も近い成人男子」であったため、リチャード3世の王位継承者に指名された。だが、1485年8月22日にボズワースの戦いでリチャード3世が敗死すると、勝者であるヘンリー7世が新国王として即位した。

一旦はヘンリー7世を受け入れるリンカーン伯だったが、王権への魅力は抑えきれず、間もなく王位継承権を持つウォリック伯エドワードの替え玉であるランバート・シムネルを擁立して、政権を獲得しようとした。この目論みは結局、1487年にストーク・フィールドの戦いでヘンリー7世に敗北したところで潰える。リンカーン伯もこの戦闘で戦死した。

注釈・出典[編集]

イングランドの爵位
先代:
新設
リンカーン伯
1467年 - 1487年
次代:
消滅