ジョン・カストリオティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョン・カストリオティGjon Kastrioti, ? - 1442年)はアルバニアの国民的英雄スカンデルベクの父親。イタリア語の「ジョヴァンニ・カストリオータ (Giovanni Castriota)」という別名でも知られる。

クルヤ地方カトリックを信仰する貴族であった。オスマン帝国との国境に接する貴族にはよくあることだが、子供たちをオスマン宮廷に連れ去られて忠誠心を誓わされていた。1430年クルヤにおいてオスマン帝国に対して謀叛を起こすが不首尾に終わり、1442年に逝去すると、スルタンムラト2世がすぐさまアルバニア中部を平定した。

スカンデルベクは息子に父親と同じ名を付けている。