ジョナサン・スパーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョナサン・スパーバー(Jonathan Sperber、1952年 - )は、アメリカ合衆国歴史学者ミズーリ大学教授。専門は、ドイツ近代史。

ニューヨーク生まれ。コーネル大学卒業。1980年、シカゴ大学で博士号取得。1984年からミズーリ大学で教鞭をとり、2005年から2010年まで歴史学部の学部長を務めた。

著書[編集]

  • Popular Catholicism in nineteenth-century Germany, Princeton University Press, 1984.
  • Rhineland radicals: the democratic movement and the revolution of 1848-1849, Princeton University Press, 1991.
  • The European revolutions, 1848-1851, Cambridge University Press, 1994.
  • The Kaiser's voters: electors and elections in Imperial Germany, Cambridge University Press, 1997.
  • Revolutionary Europe, 1780-1850, Longman, 2000.
  • Property and civil society in South-Western Germany, 1820-1914, Oxford University Press, 2005.
  • Europe, 1850-1914: progress, participation and apprehension, Longman, 2009.
  • Karl Marx: a nineteenth-century life, Liveright, 2013.
    • 『マルクス――ある十九世紀人の生涯』上下巻(小原淳訳、白水社、2015年)

編著[編集]

  • The short Oxford history of Germany vol. 1: Germany 1800-1870, edited by Jonathan Sperber, Oxford University Press, 2004.