ジョセリン・アローヨ・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョセリン・アローヨ・ルイス
基本情報
通称 Princesa Tapatía
階級 フライ級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1994-04-10) 1994年4月10日(24歳)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 18
勝ち 18
KO勝ち 7
敗け 0
引き分け 0
テンプレートを表示

ジョセリン・アローヨ・ルイスJoselyn Arroyo Ruiz、女性、1994年4月10日 - )は、メキシコの女子プロボクサー。現WBA女子世界ライトフライ級暫定王者

来歴[編集]

2011年2月4日、ハリスコ州グアダラハラのアレナ・コリセオでマリセラ・エルナンデス・ロヨラとデビュー戦を行い、4回3-0(3者とも40-35)の判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2012年7月21日、バハ・カリフォルニア州ティフアナのアウディトリオ・ムニシパルでジャズミン・メサと対戦し、4回10秒メサの棄権によるTKO勝ちを収めた。

2012年9月29日、ソノラ州エルモシージョエスタディオ・エクトル・エスピーノ・ゴンザレスでマリア・グアダルーペ・グスマンと対戦し、4回TKO勝ちを収めた。

2012年10月25日、バハ・カリフォルニア州ティフアナのラス・プルガスでヤディラ・トレホとNABF女子北米フライ級王座決定戦を行い、2回1分33秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年2月15日、ハリスコ州サポパンのエル・グラン・メキシカーノで神田桃子と対戦し、3-0の判定勝ちを収めNABF王座の初防衛に成功した。

2013年11月2日、ソノラ州エルモシージョのセントロ・デ・ウソス・ムルティプレスでマリア・グアダルーペ・グスマンと対戦し、6回3-0(59-55、2者が58-56)の判定勝ちを収め1年2ヵ月ぶりの再戦を制した。

2014年11月8日、ヌエボ・レオン州モンテレイヒムナシオ・ヌエボ・レオンでマイェラ・ペレスと対戦し、10回3-0(2者が98-92、97-93)の判定勝ちを収めた。

2015年3月21日、チアパス州タパチュラのパレンケ・デ・ラ・フェリア・メソアメリカーナでマリベル・ラミレスとWBA女子世界ライトフライ級暫定王座決定戦を行い、12回2-1(94.5-95、96-94.5、98-94)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[1][2]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Joselyn Arroyo, new WBA interim champion WBA公式サイト 2015年3月22日
  2. ^ “ポージョ”ロペスがTKO勝ち、WBA・SFe級暫定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
マリベル・ラミレス
WBA女子世界ライトフライ級暫定王者
2015年3月21日 - 現在
次暫定王者
N/A