ジョシュア・フォア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョシュア・フォア

ジョシュア・フォア(Joshua Foer、1982年9月23日 - )は、アメリカ合衆国のフリージャーナリスト

来歴[編集]

ワシントンD.C.にてユダヤ人の家庭に三男として生まれる。父エディソンは弁護士、母エスターはポーランド出身でPR会社の社長である。また、兄フランクリンは『サッカーが世界を解明する』の著書がある『ニュー・リパブリック』編集者、次兄ジョナサン・サフラン・フォアものすごくうるさくて、ありえないほど近いなどの著書がある小説家である。

2004年にイェール大学のSilliman CollegeとTrumbull Collegeを卒業後、ジャーナリストとしてナショナル・ジオグラフィック(「グアルゴの森 チンパンジーの好奇心」2010年2月号)、エスクァイアストレート誌、ニューヨーク・タイムズワシントン・ポストに記事を書いた。

2011年「ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由」(英語名:Moonwalking with Einstein)を出版、一躍有名になる。これは古代ギリシャで知識人の必須のツールであった「記憶術」と、最先端の脳科学や一流のプロたちの技術習得の秘訣を学び、全米記憶力選手権で優勝するまでの1年を描いたノンフィクション作品である。

日本語訳書[編集]

  • 「ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由」(梶浦真美訳、エクスナレッジ、2011年)
  • 「グアルゴの森 チンパンジーの好奇心」、ナショナル ジオグラフィック日本語版第16巻第2号126-141頁、杉浦茂樹訳 (2010年2月号)

参考文献[編集]

  • 「ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由」(梶浦真美訳、エクスナレッジ、2011年)

外部リンク[編集]