ジョアン・ラポルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はラポルタ第二姓(母方の)はエストルゥーチです。
ジョアン・ラポルタ

ジョアン・ラポルタ・イ・エストルゥーチJoan Laporta i Estruch , 1962年6月29日 - )は、スペイン弁護士リーガ・エスパニョーラプリメーラ・ディビシオン、元FCバルセロナ会長。

1998年の会長選挙でホセ・ルイス・ヌニェスが再選を果たした半年後、エレファント・ブレウ(Elefant blau)という組織を結成して理事会に会長の不信任投票を要求した事で注目を集める。そして2003年の会長選挙においてデビッド・ベッカムの獲得を公約に掲げ、豊富な政治資金を使った選挙戦を繰り広げ見事当選を果たした。

ベッカム獲得は成らなかったものの、スポーツ部門のサンドロ・ロセイ副会長の活躍でブラジルのロナウジーニョの獲得に成功。長いヌニェス時代で硬直化したクラブに変革をもたらし、2004-05、2005-06シーズンのリーガ・エスパニョーラ2連覇、2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ優勝など、ヨーロッパで最も成功したクラブとしての地位を復活させた[1]

2010年6月30日、任期満了に伴いFCバルセロナ会長を退任した[2]

2015年会長選に出馬するも、前会長であるジョゼップ・マリア・バルトメウに1万以上の投票差をつけられ惨敗した。

脚注[編集]

  1. ^ ラポルタ会長「さらに成功を続けねばならない」”. livedoor スポーツ (2006年9月4日). 2010年9月5日閲覧。
  2. ^ バルサ、チキSDが退任”. asahi.com (2010年6月29日). 2010年9月5日閲覧。