ジュディス・ハーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジュディス・ルイス・ハーマンJudith Lewis Herman, 1942年 - )はアメリカ合衆国精神科医。現在ハーバード大学医学部精神科臨床準教授、マサチューセッツ州ケンブリッジ病院におけるDirector of Training at the Victims of Violence Programを務める。

ニューヨーク市に生まれ、マサチューセッツ州ラドクリフ・カレッジを卒業後ハーバード大学医学部に入学、1968年に卒業。1992年に著した『心的外傷と回復』はPTSDをめぐる歴史、症状、治癒過程を詳細に描いており、この分野における必読書とされている。

記憶回復療法[編集]

ハーマンが主導した記憶回復療法は、「いったん父親を告発した娘たちが、セラピーから離れてしばらくすると、「ありもしなかったことの偽りの記憶を植えつけられた」と気がついて、告発を撤回する一方で、かつての精神科医やカウンセラーを医療過誤で訴える、という展開」を引き起こした[1]。記憶回復療法家らは『ザ・ニューヨーカー』のコラムニストに「マインドハッカー」と呼ばれ[1]ローレンス・ライト[2]エリザベス・ロフタス[3]らに論駁された。

出典[編集]

  1. ^ a b 矢幡 2003, pp. 4-5.
  2. ^ ライト 1999.
  3. ^ ロフタス 2000.

主な著作[編集]

告発本[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ジュディス・ハーマンがDirector of Trainingを勤め、犠牲者回復プログラムVictim of Violence Programが実践されている。