ジャン=マルタン・シャルコー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルコー

ジャン=マルタン・シャルコー (Jean-Martin Charcot、1825年11月29日パリ - 1893年8月16日ニエーヴル県セットン湖) は、フランス解剖病理学神経科医、及び教授。シャルコーの仕事は、神経学及び心理学の発展途上の分野に大きな影響を与えた。

シャルコー・マリー・トゥース病などの病名にその名を残しており、ジェームズ・パーキンソンの報告した「振戦麻痺」を再発見してパーキンソン病と命名したことでも知られる。

息子のジャン=バティスト・シャルコー1867年-1936年)は医師及び極地探検家となり、南極で発見した島に父にちなんでシャルコー島南極半島付近に存在する)と命名した。

経歴[編集]

シャルコーは36歳の時、パリのサルペトリエール病院の医長の一人となった。この病院には当時4000~5000人ほどの貧しい老婦人を収容する養老院となっていたが、シャルコーはその政治的な手腕を生かし、膨大な臨床データを獲得する事に成功し、当時の最高峰の神経学者となった。生体磁気説に根拠を置く催眠療法及び解離のデータは現在も参考にされている。彼は、磁気理論による本物の催眠を「大催眠」、そうでない暗示によるトランスを「小催眠」と呼んだ。

一般に公開されていた彼の講義は火曜講義と呼ばれ、そこでは「大催眠」のパフォーマンスが行われていた。この催眠を支持する学派は「サルペトピエール学派」と呼ばれていた。だが、これはパフォーマンスであったために、このような事をわざわざ行った結果、かえって信憑性を落としてしまった。結果、フランスのナンシーの「ナンシー学派」の「小催眠」説との衝突が起こり、1889年のパリの催眠に関する国際学会において「ナンシー学派」の正当性が証明されるに至り、催眠療法から精神分析に至る道のりを付ける事となった。

シャルコーを題材とした作品[編集]

1885年のサルペトリエール病院を舞台に、シャルコーと患者の若い女性との恋愛関係を描いたフランス映画博士と私の危険な関係フランス語版』が2012年に公開された[1]。日本では劇場公開されずにテレビ放送された[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Augustine” (フランス語). AlloCiné. 2014年3月17日閲覧。
  2. ^ 博士と私の危険な関係”. allcinema. 2014年3月17日閲覧。

関連項目[編集]