ジャンバッティスタ・マリーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャンバッティスタ・マリーノ
G. B. Marino.jpg
誕生 (1569-10-14) 1569年10月14日
ナポリ
死没 (1625-03-26) 1625年3月26日(55歳没)
ナポリ
文学活動 マリニスモ
代表作 『アドニス』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジャンバッティスタ・マリーノ(Giambattista Marino、1569年10月14日 - 1625年3月26日)は、イタリア詩人

生涯[編集]

1569年にナポリ王国ナポリで誕生する。父は弁護士。父の勧めから法科を修めるが法律家になることを拒絶[1]。 この頃、イタリアの詩人トルクァート・タッソに傾倒する。1602年に詩集『Le Rime』を発表。イタリア北部を中心に転々としたのち1615年にフランス王家から宮廷に招待されフランスに赴く。パリでパトロンになったルイ13世のもとで様々な作品を発表。1623年にギリシア神話をモチーフにした長編詩『アドニス』を刊行した。

優美にしてかつ隠喩を用いたその手法で名をはせ、イタリアバロック期を代表する一人になる。さらに名実ともにマリニスモの祖となり、マリーノ主義詩人をあまた生み出す。フランスからイタリアに帰国してまもなく故郷ナポリで没す。

日本語訳[編集]

  • 『アドニス』世界名詩集大成 第14 (南欧・南米篇) 五十嵐仁訳 (平凡社 1960年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]