ジャッカル丸山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャッカル丸山
基本情報
本名 丸山 良悦
階級 ジュニアバンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1953-09-24) 1953年9月24日(69歳)
出身地 青森県東津軽郡
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 22
KO勝ち 14
敗け 9
引き分け 4
テンプレートを表示

ジャッカル丸山(ジャッカルまるやま、1953年9月24日 - )は、日本プロボクサー。本名は丸山 良悦(まるやま りょうえつ)。青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩出身[1]国際ジム所属。元日本ジュニアバンタム級王者。

日本チャンピオンを獲得し、世界タイトルにも挑戦した。大手のジムに所属するアマチュア出身のエリートボクサーを、戦前の不利の予想をはね返してことごとく倒したことで知られる。頭を下げて接近し、スウィング気味の左右のフックを振り回す変則的で荒削りなボクシングだったが、毎試合のように壮絶な打ち合いを繰り返し、ファンからの支持を得ていた[1]

来歴[編集]

1977年2月25日、プロデビュー。

1977年11月5日、5戦目でのちの日本フライ級王者船木和義と対戦し、4回判定勝ち。

1979年3月3日、全日本新人王決定戦で東竜一に6回判定勝ちし、バンタム級新人王となった。

1980年12月2日、日本ジュニアバンタム級王座決定戦で古口哲と対戦し、5回KO勝ちで王座を獲得した。同王座は糸数勤小林裕幸相手に2度防衛後に返上した。

1981年5月9日、初代WBA世界ジュニアバンタム級王座決定戦準決勝でグスタボ・バリャスと対戦し、11回TKO負け。

1981年11月18日、25戦目で世界王座初挑戦。WBC世界ジュニアバンタム級王者金喆鎬に挑戦し、9回TKO負けで王座獲得ならず[1]

1982年2月16日、日本ジュニアバンタム級王者となった糸数勤と再戦し、9回KO負けで王座返り咲きならず。

1982年11月9日、糸数勤とラバーマッチで対戦し、4回KO勝ちで王座に返り咲いた。同王座は関博之との2度に渡る激闘含め3度防衛後に返上した。

1984年2月14日、後楽園ホールで引退式を行う予定だったが、かつて引き分けた小林光二がWBC世界フライ級チャンピオンになったことを理由に、引退式のリング上で引退の撤回を宣下し、公開スパーリングを披露した。

6月7日、穂積秀一と対戦し、10回判定負け。この試合を最後に引退した。

戦績[編集]

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1977年
1 2月25日 4R 判定 横尾 博行(ミカド) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 4月19日 1R KO 玉山 憲平(東洋) 日本の旗 日本
3 9月18日 1R KO 坂本 順一(東拳) 日本の旗 日本
4 10月13日 4R 判定 栄倉 一仁(不二) 日本の旗 日本
5 11月5日 4R 判定 船木 和義(東洋) 日本の旗 日本
1978年
6 2月1日 4R 判定 笹野 信雄(オサム) 日本の旗 日本
7 4月25日 4R 判定 上江洲 隆(角海老) 日本の旗 日本
8 6月27日 引分 4R 判定 山本 勝(新日本木村) 日本の旗 日本
9 9月14日 4R 判定 松田 智(三迫) 日本の旗 日本
10 10月15日 3R KO 大須賀 正治(セキ) 日本の旗 日本
11 11月13日 4R 判定 木之下 豊(銚子) 日本の旗 日本
12 12月18日 2R KO 橋本 滝弘(青木) 日本の旗 日本
1979年
13 3月3日 6R 判定 東 竜一(福岡中央) 日本の旗 日本 1978年度全日本バンタム級新人王獲得
14 6月25日 8R 判定 滝 真二(墨東) 日本の旗 日本
15 7月26日 6R TKO 井 誠志(墨東) 日本の旗 日本
16 9月23日 10R 判定 キラー 秋元(西遠) 日本の旗 日本
17 10月28日 10R 判定 竜 武士(青木) 日本の旗 日本
1980年
18 4月26日 引分 10R 判定 中島 剛尚(帝拳) 日本の旗 日本
19 7月13日 9R TKO 高杉 憲三(山口協栄) 日本の旗 日本
20 9月30日 2R KO 中島 剛尚(帝拳) 日本の旗 日本
21 12月2日 5R KO 古口 哲(センターS) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級王座獲得日本スーパーフライ級王座獲得
1981年
22 2月24日 6R KO 糸数 勤(帝拳) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級王座防衛1
23 5月9日 11R TKO グスタボ・バリャス アルゼンチンの旗 アルゼンチン WBA世界スーパーフライ級挑戦者決定戦
24 7月23日 10R 判定 小林 裕幸(ヨネクラ) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級王座防衛2
25 11月18日 9R TKO キム・チョルホ 大韓民国の旗 韓国 WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
1982年
26 2月16日 9R KO 糸数 勤(帝拳) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級タイトルマッチ
27 4月29日 7R KO 竜 武士(パブリック) 日本の旗 日本
28 6月24日 10R 判定 大熊 正二(新日本木村) 日本の旗 日本
29 9月3日 引分 10R 判定 小林 光二(角海老宝石) 日本の旗 日本
30 11月9日 4R TKO 糸数 勤(帝拳) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級王座獲得
1983年
31 3月4日 6R TKO 関 博之(帝拳) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級王座防衛1
32 5月24日 6R TKO 比嘉 一貴(極東) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級王座防衛2
33 9月6日 6R TKO 関 博之(帝拳) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級王座防衛3
1984年
34 4月9日 引分 10R 判定 ラウル・バルデス メキシコの旗 メキシコ
35 6月7日 10R 判定 穂積 秀一(帝拳) 日本の旗 日本
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ a b c ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]