ジャッカル丸山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャッカル丸山
基本情報
本名 丸山 良悦
階級 ジュニアバンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1953-09-24) 1953年9月24日(64歳)
出身地 青森県東津軽郡
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 22
KO勝ち 14
敗け 9
引き分け 4
テンプレートを表示

ジャッカル丸山(ジャッカルまるやま、1953年9月24日 - )は、日本プロボクサー。本名は丸山 良悦(まるやま りょうえつ)。青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩出身[1]国際ジム所属。元日本ジュニアバンタム級王者。

毎試合のように壮絶な打ち合いを見せ、ファンの支持を得ていた[1]

来歴[編集]

1977年2月25日、プロデビュー。

1977年11月5日、5戦目でのちの日本フライ級王者船木和義と対戦し、4回判定勝ち。

1979年3月3日、全日本新人王決定戦で東竜一に6回判定勝ちし、バンタム級新人王となった。

1980年12月2日、日本ジュニアバンタム級王座決定戦で古口哲と対戦し、5回KO勝ちで王座を獲得した。同王座は糸数勤小林裕幸相手に2度防衛後に返上した。

1981年5月9日、初代WBA世界ジュニアバンタム級王座決定戦準決勝でグスタボ・バリャスと対戦し、11回TKO負け。

1981年11月18日、25戦目で世界王座初挑戦。WBC世界ジュニアバンタム級王者金喆鎬に挑戦し、9回TKO負けで王座獲得ならず[1]

1982年2月16日、日本ジュニアバンタム級王者となった糸数勤と再戦し、9回KO負けで王座返り咲きならず。

1982年11月9日、糸数勤とラバーマッチで対戦し、4回KO勝ちで王座に返り咲いた。同王座は関博之との2度に渡る激闘含め3度防衛後に返上した。

1984年6月7日、穂積秀一と対戦し、10回判定負け。この試合を最後に引退した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]