ジャズ忠臣蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャズ忠臣蔵
監督 伊賀山正徳
脚本 小国英雄
山崎謙太
原作 サトウ・ハチロー
出演者 杉狂児
美ち奴
音楽 古賀政男
主題歌 道行シャンソン
嬉しい仲
撮影 渡辺五郎
製作会社 日活多摩川撮影所
配給 日活
公開 日本の旗 1937年4月15日
上映時間 77分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ジャズ忠臣蔵』(ジャズちゅうしんぐら)は、1937年(昭和12年)製作・公開、伊賀山正徳監督による日本の長篇劇映画、ミュージカル映画である。

略歴・概要[編集]

現代劇のスタジオ・日活多摩川撮影所(現在の角川大映撮影所)が製作した日本の初期のミュージカル映画である。大正末期の浅草オペラの時代に「ペラゴロ」のひとりであったサトウ・ハチローが書いた原作を『浴槽の花嫁』(1936年)同様に小国英雄山崎謙太が共同で脚色した。

主題歌は杉狂児美ち奴がデュエットした『道行シャンソン』、楠木繁夫と美ち奴がデュエットした『嬉しい仲』の2曲で、カップリングされてテイチク(現在のテイチクエンタテイメント)からシングル盤が発売された。

本作の上映用プリントは、現在、東京国立近代美術館フィルムセンターには所蔵されてはいない[1]

スタッフ[編集]

作品データ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]