ジャズマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャズマン (JAZZ MAN)
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『Kick Off!
B面 ひょうたんからこま
リリース
規格 7インチレコード('80)
8cmCD('88,'98)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 1980年3月 - 4月
VICTOR STUDIO
MEDIA STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1)
関口和之 (#2)
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間33位(オリコン
  • 週間32位(2005年盤・オリコン)
サザンオールスターズ シングル 年表
いなせなロコモーション
(1980年)
ジャズマン (JAZZ MAN)
(1980年)
わすれじのレイド・バック
(1980年)
テンプレートを表示

ジャズマン (JAZZ MAN)」は、サザンオールスターズの9枚目のシングル1980年6月21日発売。発売元はInvitation

1988年6月25日CD化、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発され、計3回再発売されている。

5ヶ月連続リリースするFIVE ROCK SHOWの第4弾シングルである。

背景[編集]

本作は英題の『JAZZ MAN』も入ったものが正しい表記であるが、タイトルの英語表記であるため、ここでは省略する。

チャート成績[編集]

オリジナル盤はオリコンウィークリーチャートで最高33位であったが、現在シングル盤のみに収録ということもあり、2005年の再発盤が32位にチャートインし、1つ順位を更新した。

アートワーク[編集]

ジャケットデザインは永井博による。

収録曲[編集]

  1. ジャズマン (JAZZ MAN) (4:23)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生
    歌詞の内容や曲調は、ジャズ、とりわけスイングと呼ばれるスタイルを意識したものになっている。桑田本人によると『ジャズ・ピアニストであった八木正生さんに大きな影響を受けた』と語っている。ライブ初演奏は発売から17年後の1997年の年越しライブ『おっぱいなんてプー』であり、メンバーが日章旗と「賀正」の文字がデザインされた扇子を頭に着用して(原由子や一部サポートメンバーは着用していない)演奏された。
  2. ひょうたんからこま (4:25)
    (作詞・作曲:関口和之 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生)
    関口和之の初メインボーカル曲。桑田も曲中で一部ボーカルを取っている。この曲は『バラッド '77~'82』に収録されたが、その際手書きで記載された曲の表記が『ん』の文字だけ、書き忘れたものを無理やり書き込んだようになっている。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

外部リンク[編集]