ジナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジナーSinar )は1948年カール・ハンス・コッホCarl Hans Koch 、1916-2005年)によりスイスのシャフハウゼンに創業したカメラメーカー。スタジオ用大判カメラを製造しており、リンホフと並んで世界最高峰の大判カメラメーカーとして知られる。

チューリッヒの絹染色業者の次男だったカール・アウグスト・コッホCarl August Koch 、1845–1897年)は1868年マルセイユで湿板写真の技術を学んだ。チューリッヒに帰ると写真スタジオを開き、後にシャフハウゼンに移した。そのスタジオは1911年に息子のハンス・カール・コッホHans Carl Koch 、1885–1934年)が引き継いだ。彼は事業を拡大したが健康に難があって早世し、妻のケーテ・コッホ・キューブラーKäthe Koch-Kübler )が引き継いだ。その後ハンス・カール・コッホケーテ・コッホ・キューブラーの息子カール・ハンス・コッホはスタジオを引き継いだが父が遺したカメラに飽き足らず、妻のヒルデガルド・コッホ・アベグHildegard Koch-Abegg )とともにスタジオを経営しつつ新しいデザインのビューカメラを設計し、1947年システムカメラ「ジナー」の特許を取得した。

製品[編集]

モジュラーシステム[編集]

アクセサリーの互換性が特徴的で、おびただしい数のアクセサリーが全機種で使用可能となっている。後部フレーム交換により4×5in判、5×7in判、8×10in判に対応する。

モジュラーシステムカメラボディー[編集]

  • ジナーノルマSinar Norma )/ジナーSSinar S ) - 1948年発表。初期のジナーノルマはライズの枠が干渉しポラバックが装着不可。日本ではジナーSとして販売された。SはStandardの意。緑がかった灰色の結晶塗りは美しく、収集の対象となっている。
  • ジナーPSinar P ) - 1970年発表。PはPerfectionの意。ベースティルトアオリに加えセンターティルトアオリ機能を併せ持つ。1984年に被写体への写り込みを考慮しブラックボディとしたジナーP2、そしてデジタルバック装着時の操作性に留意しながら小型化したジナーP3に発展した。
  • ジナーfSinar f ) - fはfieldの意。前後フレームを簡略化した多目的補助フレームとし、小型軽量化を図っている。1986年にブラックボディー化されたジナーf1ジナーf2に発展した。
  • ジナーCSinar C ) - CはConbinationの意。ジナーfの前フレームとジナーPの後フレームの組み合わせ。1986年にブラックボディー化されたジナーC2に発展した。
  • ジナーハンディSinar Handy ) - ジナーシステムを使用した4×5in判ハンディカメラ。カメラバッグ部がそのまま本体となり、レリーズ付きハンドグリップ、ファインダー、水準器、そしてアダプターを介し47mmから90mmの広角レンズを装着して撮影する。

モジュラーシステム用レンズ[編集]

大判カメラメーカーとしては珍しくローデンシュトック社からOEM供給を受けて自社ブランドのシナロンレンズをラインナップしている。自動絞りを備えるDBマウントを標準とするが一般のコパルシャッター付きも販売している。シナロンWEはアポグランダゴン、シナロンWはグランダゴンN、シナロンSはアポシロナーN、シナロンSEはアポシロナーS、シナロンWSはアポシロナーW、アポシナロンはアポロナー、マクロシナロンSEはアポマクロシロナー、マクロシナロンはマクロシロナーNそのものである。

  • シナロンWE45mmF4.5 - 4群8枚。
  • シナロンWE55mmF4.5 - 4群8枚。
  • シナロンW65mmF4.5 - 4群8枚。
  • シナロンW75mmF4.5 - 4群8枚。
  • シナロンW90mmF4.5 - 4群8枚。
  • シナロンW90mmF6.8 - 4群6枚。
  • シナロンW115mmF6.8 - 4群6枚。
  • シナロンW155mmF6.8 - 4群6枚。
  • シナロンS135mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンS150mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンS180mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンS210mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンS240mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンS300mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンS360mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンS480mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンSE135mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンSE150mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンSE180mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンSE210mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンSE240mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンSE300mmF5.6 - 4群6枚。
  • シナロンSE360mmF6.8 - 4群6枚。
  • シナロンWS150mmF5.6 - 5群7枚。
  • シナロンWS210mmF5.6 - 5群7枚。
  • シナロンWS300mmF5.6 - 5群7枚。
  • アポシナロン150mmF9 - 4群4枚。
  • アポシナロン240mmF9 - 4群4枚。
  • アポシナロン300mmF9 - 4群4枚。
  • アポシナロン360mmF9 - 4群4枚。
  • アポシナロン480mmF9 - 4群4枚。
  • アポシナロン600mmF9 - 4群4枚。
  • マクロシナロンSE180mmF5.6 - 4群6枚。
  • マクロシナロン300mmF5.6 - 4群6枚。

ジナーHy6[編集]

ジナーHy6ボディー[編集]

  • ジナーHy6 - ローライとの共同で開発され、ローライフレックス6000シリーズの最新機種ローライフレックスHy6と同一製品。PQSレンズを使用した場合フラッシュに1/1000秒まで同調する。

ジナーHy6用レンズ[編集]

  • AFDスーパーアンギュロン50mmF2.8PQS
  • AFDクセノター80mmF2.8PQS
  • AFDテレクセナー150mmF4PQS
  • AFDテレクセナー180mmF2.8PQ
  • AFDバリオゴン60-140mmF4.6PQS

ジナーM[編集]

オートフォーカス一眼レフ。

ジナーMボディー[編集]

  • ジナーM - 当初はニコンFマウントであったが大型デジタルバックに対応しハッセルブラッドVシステムのレンズが使用できるようになり、さらにはハッセルブラッドのレンズをオートフォーカスに対応したレンズを用意した。

ジナーM用レンズ[編集]

カール・ツァイス製。

  • シナロンデジタルAFディスタゴン40mmF4
  • シナロンデジタルAFプラナー80mmF2.8
  • シナロンデジタルAFマクロプラナー120mmF4