カメラメーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カメラメーカーとは、カメラを製造しているメーカー。狭義では、ビデオカメラや映画用カメラを製造するメーカーを除く。この項では静止画を撮影するカメラを製造メーカーについて述べる。

概要[編集]

カメラメーカーはレンズ双眼鏡眼鏡などの一般用光学製品のほか、半導体用ステッパー、など産業用光学製品、光学顕微鏡など研究所用光学製品、内視鏡など医療用光学製品、複写機など事務機器を製造していることも多い。このため、発祥はカメラ製造専業であっても、現在はカメラ以外の製造・販売が大部分を占めるメーカーも増えた。近年はデジタルカメラの普及により、異業種である電機メーカーの参入が目立つ。

また、以前から存在するカメラメーカーであっても、フィルムカメラの製造を打ち切ったり、一部の機種のみの販売とするなど、デジタルカメラへ製造の中心が急速にシフトしている。また、新技術を導入するだけの企業体力がなかったり、競争に敗れたりなどの理由により、カメラ製造から撤退するメーカーもある。これらの状況から、写真用フィルムを使用するカメラの製造は、急速に減少している。カメラの歴史の項も参照のこと。

生産中[編集]

日本[編集]

デジタルカメラのみ、もしくはデジタルカメラが主力となっているメーカー
フィルム用カメラのみ、もしくはフィルム用カメラが主力となっているメーカー

ドイツ[編集]

スウェーデン[編集]

スイス[編集]

アメリカ[編集]

中国[編集]

韓国[編集]

ロシア[編集]

ウクライナ[編集]

生産終了[編集]

日本[編集]

海外[編集]