シーレ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シーレ川
シーレ川 2004年4月3日撮影
シーレ川
延長 420 km
水源の標高 474 m
平均流量 -- /s
流域面積 124,500 km²
水源 マラウイ湖
河口・合流先 ザンベジ川
流域 マラウイの旗 マラウイ
モザンビークの旗 モザンビーク
テンプレートを表示

シーレ川(Shire River)は、アフリカ大陸南東部を流れる全長402kmの河川で、ザンベジ川支流である。マラウイ湖南端より流出し、マラウイおよびモザンビーク領内を流れ、ザンベジ川に合流する。合流点付近は大規模な湿地帯となっている。マラウイ湖のすぐ南でマロンベ湖にも接続している。

河谷の主な形成要因はマラウイ湖と同じく、大地溝帯の一部であるニアサ・リフト・バレーの地殻変動によるものである。シーレ川はマラウイ南部のシーレ高地に開けたニアサ・リフト・バレーの底を流れる。沿岸はマラウイの最大都市ブランタイヤがあるなどマラウイの人口が集中する。

リウォンデ国立公園を流れるシーレ川

上流のリウォンデ(Liwonde)は川を渡る国道や鉄道がある交通の中心で、川の水量を調節する大きなダムがあり、川沿いのリウォンデ国立公園にはさまざまな野生動物や野鳥が生息する。中流は急流になっており、3つの水力発電所がありマラウィの発電量の75%を供給するが、マラウイ湖の水位低下による河川流量の減少で発電にも打撃になっている。下流は流れが緩やかになり川幅も広くなる。