シンデレラの悪魔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シンデレラの悪魔』(シンデレラのあくま)は、赤川次郎による日本推理小説。「悪魔シリーズ」の第9作目。『サスペリアミステリー』(秋田書店)にて2007年11月号から2009年9月号まで連載されていた。

あらすじ[編集]

試験休みと休日を利用して米どころの温泉地へ来ていた由利子・香子・旭子の3人は、香子の知り合いの芸能プロダクション社長・八木原と遭遇し、スカウトしたばかりだという大人びた少女・三枝千秋と知り合う。千秋は上京して1か月で期待の新人としてパーティーで紹介され、映画での主演デビューが発表されるが、千秋の先輩アイドルが車で人身事故を起こしたり、ドラマの撮影中に事故死するなど、災難が相次ぐ。更に千秋の出生に関わる秘密が絡み、香子が解決に乗り出す。

登場人物[編集]

矢吹 由利子(やぶき ゆりこ)
花園学園高校2年生。姐御肌。
桑田 旭子(くわた あきこ)
花園学園高校2年生。役者を目指している。
弘野 香子(ひろの きょうこ)
花園学園高校2年生。資産家令嬢。
矢吹 真由子(やぶき まゆこ)
花園学園中学2年生。由利子の妹。

〈Sプロ〉[編集]

三枝 千秋(さえぐさ ちあき)
どこか暗い光をたたえた目が大人びて見える高校1年生。学校をサボって喫茶店にいたところを八木原にスカウトされる。私生児である事実が、田舎では受け入れられず、学校でも問題児扱いされていた。
八木原 稔(やぎはら みのる)
芸能プロダクション〈Sプロ〉社長。千秋を見出す。
納谷 しおり(なや しおり)
Sプロ所属のアイドル。アキの代役で主演に抜擢されたテレビドラマの撮影中に、石段から落ちて死亡する。
西尾(にしお)
Sプロ専務。
木又(きまた)
八木原の秘書。
久松 アキ(ひさまつ あき)
Sプロ所属のアイドル。18歳。免許取り立てで事故を起こし、連続ドラマの主演を降板させられるが、同乗していた男の名を明かさない。
手塚(てづか)
納谷しおりのマネージャー。しおりの死後はアキのマネージャーになる。
朝倉(あさくら)
アキのマネージャー。仕事を全うしなかったため解雇される。
浅井 マチ子(あさい まちこ)
千秋のマネージャー。

水柳流[編集]

水柳 志楽(みずやなぎ しらく)
日本舞踊〈水柳流〉の家元。40歳。香子の師匠。千秋の実父。
水柳 美鈴(みずやなぎ みすず)
志楽の妻。40歳。邦楽の名のある家元の娘で、プライドが高く、芸能人を見下す。
水柳 真一(みずやなぎ しんいち)
志楽の息子。中学3年生。ロックに夢中で髪を金髪に染めている。千秋のファンになり、踊りの稽古を再開する。
水柳 沙世(みずやなぎ さよ)
志楽の娘。花園学園中学1年生。幼い頃に怪我をし、左足を引きずっているため、母親から人前で踊ることを禁じられているが、踊りへの情熱は持っている。

その他[編集]

三枝 素代(さえぐさ もとよ)
千秋の母親。温泉旅館で仲居として働くシングルマザー。後に、仕事を辞め東京へ。
谷口 芳哉(たにぐち よしや)
24歳。人気俳優。
広瀬 忠夫(ひろせ ただお)
谷口の所属事務所の社長。
安原(やすはら)
しおり及びアキの主演テレビドラマのディレクター。
勝谷(かつや)
30代の刑事。しおりの事件担当。
河合 伸代(かわい のぶよ)
水柳流の弟子。資産家の未亡人で、自宅に大きな稽古場を設けている。美鈴と仲が良い。

出典[編集]

  • 赤川次郎 『シンデレラの悪魔』