ショーツライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンティラインの一例。線をなぞるとTバックが浮かび上がる。

ショーツラインパンティーラインは、女性のスカートズボン(パンツ)などのボトムスから浮き出て見える下着パンティー)の縫い目、輪郭線などのことである。後ろの部分(臀部)にできる場合が多い。フェティシズムの対象であると同時に、女性はこれが見えないように工夫する人が多いと見られている。

パンティーライン[編集]

ショーツライン」と同義語で、一般的に「パンティーライン」と呼ばれ、一部では「パンスジ」、「パンセン」、単に「ライン」や「」などとも言われる。

一部には、身内の女性などに生地の薄いアウターを着用させ、それを鑑賞する男性フェティストもいるが、一般的には、臀部に密着するアウターを着用した女性の背後で密かに鑑賞する者が多いのが、逆さ撮りと同様にそれを隠し撮り(盗撮)する者も増えている。

女性側での工夫[編集]

生地が薄く、身体に密着するアウターを着用する場合、ショーツラインが浮き出るのを防止する策は複数ある。

バックレースタイプのショーツを着用
ショーツラインのできやすい臀部、特にバックスタイル下部がレースになったショーツを着用することによって防ぐ。
一分丈(ボーイズレッグ)タイプのショーツを着用
足ぐりが太腿の付け根にあるショーツを着用することによって、ラインを下方へずらして軽減する。
シームレスタイプのショーツを着用
縫い目のないショーツを着用することによって軽減する。
Tバックタイプのショーツを着用
バックスタイルがT字型でカットされたショーツを着用することによってでないようにする。
ガードルの着用
ショーツの上にガードルを着用しラインを防ぐ。またショーツ一体型のパンティーガードルのみを着用する。
パンティを着用しない
いわゆるノーパン状態にして、ラインが根本的に出ないようにする。もともと日本では和服(着物・浴衣)を着るときは洋装のための下着は着用していない[独自研究?]。また、洋装でもジーンズを着用する場合にはショーツを着用しない[独自研究?]場合がある。
  • 外国人の女性においては一般的にパンティーラインをあまり気にすることはない傾向がある。
  • 日本人の女性においても年齢を重ねるほどにパンティーラインは気にしなくなる傾向がある。
  • 一般的に日本では下着のラインを気にするのは20~40代の就労女性に多い傾向がある。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]