シュープラー・コラール集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Schübler Chorales, 1746

シュープラー・コラール集Schüblerschen Choräle für Orgel, BWV645-650)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ1748年1849年頃に出版した6曲のオルガン・コラール集の通称。出版譜の発行者ヨハン・ゲオルク・シュープラーにちなむもので、正式な表題は「二つの手鍵盤と足鍵盤を持つオルガンで演奏すべき種々の様式による六つのコラール」。第1曲の「目覚めよと呼びわたる物見の声」は特によく知られ、オルガニストのレパートリーに欠かせない曲集である。また作曲技法においても、オルガン・コラールの規範に位置づけられる。

概要[編集]

三声または四声で、演奏の難易度は中程度とされている。6曲ともバッハ自身が作曲した教会カンタータから抜き出した曲をオルガン用に編曲したものである。調性はまったく変えていない。この試みは当時としては珍しいが、編曲と出版を思い立った経緯は明らかになっていない。ただし、同時期に高難度のカノン風変奏曲「高き御空よりわれは来たり (Vom Himmel hoch da komm ich her)」BWV769を作曲し、ミツラー協会に献呈していることと関連づけて、中級レベルの奏者向けに出版したのではないかと推定する学者もいる。

成立時期も正確には分かっていない。表題に続く奥付に「発行元:ライプツィヒ楽長バッハ氏、ベルリンハレのバッハ氏の息子、ツェラの発行者」とあり、ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハがハレに就職した1746年以降に編纂されたことは判明している。1747年9月にシュープラーが出版した『音楽の捧げ物』BWV1079よりも製版・印刷技術が向上していることから、1748~1749年に出版したと推定される。

第1曲「目覚めよと呼びわたる物見の声 (Wachet auf, ruft uns die Stimme)」BWV645[編集]

変ホ長調、4/4拍子。原コラールはフィリップ・ニコライ作詞作曲 (1599年)。

原曲は1731年11月25日の三位一体節後第27日曜礼拝で初演したBWV140の第4曲(テノールアリア)。原曲では、弦楽器のユニゾンが反復する伴奏主題にテノールの歌うコラールが挿入される。弦ユニゾンを右手、テノールを左手、通奏低音をペダルに写している。原曲以上に人気があり、様々な楽器で演奏されることがある。

第2曲「われいずこに逃れ行かん (Wo soll ich fliehen hin)」BWV646[編集]

ホ短調、4/4拍子。原コラールはヨハン・ヘールマン作詞(1630年)、ヨハン・ヘルマン・シャイン作曲(1627年)。

原曲は未発見の亡失カンタータと予想される。シャインが作曲した「わが愛する神に (Auf meinen lieben Gott)」で呼ばれることもある。コラール旋律はペダル。右手の伴奏主題を常に左手が追撃するカノンにコラールを挿入したもので、逃亡者と追撃者を髣髴させる伴奏から、広く知られている上記表題が支持される傾向にある。

第3曲「ただ尊き御神のままに (Wer nur den lieben Gott laesst walten)」BWV647[編集]

ハ短調、4/4拍子。原コラールはゲオルク・ノイマルク作詞作曲(1657年)。

1724年7月9日の三位一体節後第5日曜礼拝で初演したBWV93の第4曲 (ソプラノアルト二重唱)。原曲では、ソプラノとアルトが途切れることなくメロディを掛け合い、要所で弦楽器ユニゾンがコラール旋律を挿入する。つまり、第1曲とは逆に、始終鳴り響いている旋律が歌唱パートである。ソプラノが右手、アルトが左手、コラールがペダル。

第4曲「わが魂は主をあがめ (Meine Seel erhebt den Herren)」BWV648[編集]

ニ短調、6/8拍子。原コラールはグレゴリオ聖歌「マニフィカト」、ドイツ語訳は1529年以前。

1724年7月2日の聖母のエリザベト訪問日礼拝で初演したBWV10の第5曲 (アルトとテノールの二重唱)。これも第3曲と同じく、二重唱が伴奏でトランペット (改定稿ではオーボエ) がコラールを挿入する。高音楽器のトランペットを写すため、コラール旋律は右手に委ねられる。従って伴奏パートが低音に偏っており、曲集の中では異色の渋さをかもし出す。

第5曲「われらとともに留まりたまえ (Bleib bei uns)」BWV649[編集]

変ロ長調、4/4拍子。原コラールはラテン語聖歌「時は夕暮れに及びたれば」、フィリップ・メランヒトン訳 (1579年)。

1725年4月2日の復活祭2日目礼拝で初演したBWV6の第3曲 (ソプラノのアリア)。ヴィオロンチェロ・ピッコロの細かいパッセージにソプラノが歌うコラールが挿入される。チェロパートが高く記譜されており、原曲に漂う翳りは消されている。この曲だけは2/2拍子から4/4拍子に変更されているほか、原曲のリフレインも抹消されており、最も変更点が多い。

第6曲「主を頌めまつれ (Lobet den Herren)」BWV650[編集]

ト長調、9/8拍子。原コラールはヨアヒム・ネアンダー作詞 (1680年)、旋律は1665年以前に成立。

1725年8月19日の三位一体節後第12日用礼拝で初演したBWV137の第2曲 (アルトのアリア)。ヴァイオリン独奏の華やかな伴奏の下にアルトがコラールを挿入する。原曲の段階でアルトのコラール旋律にも華やかなトリルが施されており、編曲もそのまま移植している。そのため、厳格にコラールパートを遵守した第5曲までと雰囲気が大きく異なる終曲である。

外部リンク[編集]