シュヴァルツェンベルク (フォアアールベルク州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュヴァルツェンベルク
シューベルティアーデ・シュヴァルツェンベルク音楽祭の休憩時間中(アンゲリカ・カウフマン・ザール)

シュヴァルツェンベルク(標準ドイツ語Schwarzenberg, アレマン語オーストリアアレマン語):Schwarzebearg(シュヴァーツェベアーク))は、オーストリアフォラールベアーク州ブレゲンツの森にある村。ブレゲンツ郡の一部。2002年現在、人口は1,805人。村の中心地は下見板造りの家のため遺産保護されている。

シュヴァルツェンベルクでは、18世紀の女流画家アンゲリカ・カウフマンが育った。カウフマンの父親も画家で、娘に教え、最初の絵の手伝いをした。村の教会にある壁画はカウフマン父娘を記念したもので、また、コンサート・ホールには娘の名前がつけられている。

この地では毎年、国際的に有名なリートおよび室内楽の音楽祭「シューベルティアーデ・シュヴァルツェンベルクSchubertiade Schwarzenberg)」が催されている。これまでにアルフレート・ブレンデルエマーソン弦楽四重奏団Michael Schade、ロバート・ホール、アンゲリカ・キルヒシュラーガー(Angelika Kirchschlager)、トーマス・クヴァスホトフ(Thomas Quasthoff)らが出演した。

外部リンク[編集]