シャークネード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シャークネード
Sharknado
監督 アンソニー・C・フェランテ英語版
脚本 サンダー・レヴィン
製作 デヴィッド・マイケル・ラット
製作総指揮 デヴィッド・リマゥイー
撮影 ベン・デマリー
製作会社 アサイラム
公開 アメリカ合衆国の旗
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 シャークネード カテゴリー2
テンプレートを表示

シャークネード』(Sharknado)は、2013年アメリカ合衆国テレビ映画。タイトルのサメ(シャーク)+トルネード(竜巻)の合成語の通り、サメを内包してやってきた竜巻と人間との死闘を描く[1]

テレビ東京午後のロードショー』では『シャークネード サメ台風』の邦題で放送された。

シリーズ化されており、『シャークネード カテゴリー2』、『シャークネード エクストリーム・ミッション』、『シャークネード4』、『シャークネード5 ワールド・タイフーン』と後続作品が公開されている。

あらすじ[編集]

メキシコ湾で発生した3つの台風は海を渡り、海中にいたサメたちを吸い上げながら巻き込み、そのままサメごとロサンゼルスへと進んだ。その結果、ロサンゼルス市民は暴風と豪雨だけでなく、"台風によって飛来したサメたち"の襲撃に悩まされることとなった。

バーを経営しライフガードを務める心配性の男・フィンは、その未曾有の大惨事の中、家族を守るべく、空を舞うサメとの死闘に臨むのであった。

キャスト[編集]

フィン・シェパード
演 - アイアン・ジーリング、日本語吹替 - 堀内賢雄
海沿いでバーを経営する男性。例え他人であっても困っている人は見捨てられない優しさと正義感の持ち主。また極度な心配性であり、いかなる自然災害にも対処できるよう常に備えを怠っていない。だが、家族からはその性格を煙たがられてしまっている。過去にサーフィンの大会でチャンピオンに輝くほどの高い身体機能を誇っており、拳銃やチェーンソーといった武器の扱いにも長けている。
エイプリル・ウェクスラー
演 - タラ・リード、日本語吹替 - 堀越知恵
フィンの元妻。現在フィンとは別居中。
ジョージ
演 - ジョン・ハード、日本語吹替 - 星野充昭
フィンの店の常連客。飲んだくれの中年男性。
演じたジョン・ハードは、エージェントからタイトルを聞いて「サメが空から降ってきて人を食うのか?」と尋ねたところ、「その通り」と答えたので快諾したという。「ホーム・アローン」の父親役というイメージを払拭するために出演したとのこと。本作が気に入っていた様で、2作目に出演できなかったことを残念がり、シリーズへの再出演を希望していた[2]
ノヴァ・クラーク
演 - キャシー・スケルボ英語版、日本語吹替 - あいざわゆりか
フィンの店の従業員。過去のとある出来事からサメを嫌悪している。フィンに対して好意を抱いており、彼と行動を共にする。
バズ・ホーガン
演 - ジェイソン・シモンズ英語版、日本語吹替 - 藤沼建人
フィンの親友。彼と行動を共にする。
ディアナ
演 - スミコ・ブラウン、日本語吹替 - 志摩淳
サーファー。サメの餌食になってしまう。
マット
演 - チャック・ヒッティンガー
フィンとエイプリルの息子。航空学校の学生。
クラウディア
演 - オーブリー・ピープルズ、日本語吹替 - 湯浅恵里奈
フィンとエイプリルの娘。フィンに対して良い感情を抱いていない。
コリン
演 - クリストファー・ロブレス
エイプリルの現在の恋人。フィンのことを嫌っているのか、彼に対して挑発的な態度をとる。フィンの忠告に耳を貸さず、サメの餌食になる。

脚注[編集]

  1. ^ Bianco, Robert (2013年7月11日). “TV tonight: 'Sharknado,' 'Summer Camp'”. USA Today. 2017年1月15日閲覧。
  2. ^ "The A.V.Club: TV Random Roles -John Heard on The Lizzie Borden Chronicles, The Sopranos, Sharknado, and more" Will Harris (4.4,2015) http://www.avclub.com/article/john-heard-lizzie-borden-chronicles-sopranos-shark-216267

関連項目[編集]

外部リンク[編集]