シャルロット・フォー・エヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャルロット・フォー・エヴァー
Charlotte for Ever
監督 セルジュ・ゲンスブール
脚本 セルジュ・ゲンスブール
製作 クローディー・オサール英語版
シャルロット・フレッス
出演者 セルジュ・ゲンスブール
シャルロット・ゲンズブール
ローラン・ベルタン英語版
ローラン・デュヴィラールフランス語版
音楽 セルジュ・ゲンスブール
撮影 ウィリー・クラン英語版
編集 バベット・シ・ランダーヌ
配給 AMLF(フランス
日活日本
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年12月10日
日本の旗 1988年5月26日
上映時間 94分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

シャルロット・フォー・エヴァー』(Charlotte for Ever) は、セルジュ・ゲンスブール監督による1986年公開のフランス映画で、監督自身とその実娘シャルロット・ゲンズブールほか、ローラン・ベルタン英語版ローラン・デュヴィラールフランス語版が出演している。

あらすじ[編集]

かつてハリウッドの脚本家として成功したスタンは、今は近く自分が運転した車の事故によって失った妻を嘆いて落胆し、浮気症やアルコール依存の日々を送る。唯一の慰めは最愛の娘シャルロットだが、彼女は今は亡き母親の恋しさゆえ父親に責任を求め、父が母を殺したと口に出す。仕事仲間からの脚本料も途切れ、精神的に追い詰められたスタンに対し、結局シャルロットは父に、父は悪くないと言い、映画は幕を閉じる。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]