イワオトギリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シナノオトギリから転送)
Jump to navigation Jump to search
イワオトギリ
H. kamtschaticum var. hondoense.jpg
イワオトギリ(岩手県八幡平・2004年8月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: オトギリソウ目 Guttiferales
: オトギリソウ科 Guttiferae
: オトギリソウ属 Hypericum
: ハイオトギリ H. kamtschaticum
変種 : イワオトギリ H. k. var. hondoense
学名
Hypericum kamtschaticum Ledeb. var. hondoense Y.Kimura
和名
イワオトギリ

イワオトギリ(岩弟切、学名:Hypericum kamtschaticum var. hondoense)は、オトギリソウ科オトギリソウ属多年草高山植物。東北地方および中部地方以北の主に日本海側の亜高山帯から高山帯に分布している。オトギリソウの高山型。

高さ10-30cm。葉は長さ4cmほどの楕円形をしており、全体に黒点が散らばる。花期は、7-8月。黄色い5弁花を咲かせる。

近縁種[編集]

学名の上ではイワオトギリ、シナノオトギリはハイオトギリの亜種となっている。

ハイオトギリ Hypericum kamtschaticum
這弟切
シナノオトギリ H. k. var. senanense
信濃弟切

関連項目[編集]