システインシンターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
システインシンターゼ
識別子
EC番号 2.5.1.47
CAS登録番号 37290-89-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBj PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

システインシンターゼ(Cysteine synthase)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

O 3-アセチル-L-セリン + 硫化水素 \rightleftharpoons L-システイン + 酢酸

即ち、この酵素はO 3-アセチル-L-セリン硫化水素を基質として、L-システイン酢酸を生成する。

この酵素はトランスフェラーゼのファミリーに属しており、特にメチル基よりもアリル基アルキル基を転移させる。系統名はO 3-アセチル-L-セリン:硫化水素 2-アミノ-2-カルボキシエチルトランスフェラーゼである。また別名として、O-アセチル-L-セリンスルフォヒドロラーゼO-アセチルセリン(チオール)リアーゼS-スルフォシステインシンターゼ2-アミノ-2-カルボキシエチルトランスフェラーゼ等とも呼ばれる。この酵素は、システイン代謝セレノアミノ酸代謝、硫黄代謝の3つの代謝経路に関与する。また、補因子としてピリドキサールリン酸を必要とする。

構造[編集]

2007年末までに、このクラスの12の酵素の構造が解かれている。蛋白質構造データバンクのコード番号は、1O58, 1VE1, 1Y7L, 1Z7W, 1Z7Y, 2BHS, 2BHT, 2EGU, 2ISQ, 2Q3B, 2Q3C, 2Q3Dである。

出典[編集]

  • Becker MA, Kredich NM, Tomkins GM (1969). "The purification and characterization of O-acetylserine sulfhydrylase-A from Salmonella typhimurium". J. Biol. Chem. 244 (9): 2418–27. PMID 4891157. 
  • Hara S, Payne MA, Schnackerz KD, Cook PF (1990). "A rapid purification procedure and computer-assisted sulfide ion selective electrode assay for O-acetylserine sulfhydrylase from Salmonella typhimurium". Protein. Expr. Purif. 1 (1): 70–6. doi:10.1016/1046-5928(90)90048-4. PMID 2152186. 
  • Ikegami F, Kaneko M, Lambein F, Kuo, Y-H and Murakoshi I (1987). "Difference between uracilylalanine synthases and cysteine synthases in Pisum sativum". Phytochemistry 26: 2699–2704. doi:10.1016/S0031-9422(00)83575-X. 
  • Murakoshi I, Kaneko M, Koide C and Ikegami F (1986). "Enzymatic-synthesis of the neuroexcitatory amino-acid quisqualic by cysteine synthase". Phytochemistry 25: 2759–2763. doi:10.1016/S0031-9422(00)83736-X. 
  • Tai CH, Burkhard P, Gani D, Jenn T, Johnson C, Cook PF (2001). "Characterization of the allosteric anion-binding site of O-acetylserine sulfhydrylase". Biochemistry. 40 (25): 7446–52. doi:10.1021/bi015511s. PMID 11412097. 
  • Schnackerz KD, Hazlett TL, Gratton E, Mozzarelli A (2000). "Role of pyridoxal 5'-phosphate in the structural stabilization of O-acetylserine sulfhydrylase". J. Biol. Chem. 275 (51): 40244–51. doi:10.1074/jbc.M007015200. PMID 10995767.