シオン・ラッセル・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シオン・ラッセル・ジョーンズ
別名 Siôn Russell Jones
Sion Russell Jones
出身地 ウェールズの旗 ウェールズカーディフ
ジャンル インディーフォークフォーク・ロックインディー・ポップオルタナティヴ・ミュージック
職業 歌手作詞家
担当楽器 ギタードラム
活動期間 2010年 -
公式サイト [1]

シオン・ラッセル・ジョーンズ(Siôn Russell Jones) はウェールズの首都カーディフシンガーソングライター。これまでに2枚のスタジオ・アルバムと2枚のEPを発表している。本人は自身の音楽をポップフォークオルタナティヴ・ミュージックなどと語り、一般にマムフォード・アンド・サンズサイモン&ガーファンクルジェフ・バックリィらと比較されている。

来歴[編集]

7歳でギターを弾き始め、グラモルガン大学で音楽を学んだ。2010年10月、The Still Small Voice Recordsからデビュー・アルバム「And Suddenly」をリリース。「And Suddenly」はカーディフのATRiuM在学最終年にレコーディングされたものである。: アルバム収録曲「Indestructible」はBBCラジオウェールズのシングル・オブ・ザ・ウィークに輝き、以来彼の名は広く知られることとなった。また同曲は人気タレントクレイグ・チャールズがBBC Radio 2で放送していた番組内で熱烈に支持された。

2011年、ジョーンズはBDi musicと出版契約を締結。その夏にはHowTheLightGetsIn、The Acoustic Festival of Britain、Festival of the Celts、Greenman Festivalといったロック・フェスティバルに出演、翌年には念願のサウス・バイ・サウスウエストへの出演も果たす。


2014年5月、セカンド・アルバム「Lost No More」で日本デビューを飾った[1]


ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • And Suddenly (2010)
  • Lost No More (2014)

EP[編集]

  • Be Excellent To Each Other (2011)
  • So Long (2013)
  • Tŷ'r Stafell (2014)
  • Something on My Side (2015)

シングル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014年、最も美しいフォーク・ポップ・シンガー、シオン・ラッセル・ジョーンズ - TOWER RECORDS ONLINE

外部リンク[編集]