シェイク・ファハド・アル=サバーハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェイク・ファハド・アル=サバーハ(فهد الأحمد الجابر الصباح、Sheikh Fahad Al-Ahmed Al-Jaber Al-Sabah、1945年8月10日 - 1990年8月2日)はクウェートオリンピック委員会英語版の創始者である。当時クウェート首長であったジャービル・アル=アフマド・アッ=サバーハの異父弟である。アフマド王子英語版は息子である。

彼はクウェートにおけるスポーツの発展に尽力した。またアジアオリンピック評議会の初代会長でもある。

1982年FIFAワールドカップの1次リーグで行われたフランスクウェート戦で、フランスが3対1でリードした状況でフランスの選手が放ったシュートは明らかにゴールネットを揺らしたが、クウェートの選手側から「スタンドの笛の音で試合を止めてしまった」という趣旨の抗議が行われた。誰もがこの抗議は聞き入れられないと思ったが、客席で観戦していたファハド王子が突如スタンドからピッチに乱入し、審判に何事かを告げたところ、当初は得点を認めていた審判が突如ゴールの取り消しを宣告した。サッカーワールドカップの歴史において、一度認められたゴールが取り消された唯一の事例である。試合結果はフランスが4対1で勝利している。

1990年のイラクによるクウェート侵攻の際、クウェート国際空港から国外へ脱出しようとしたが失敗し拉致され(ブリティッシュエアウェイズ149便乗員拉致事件)、イラク軍身分が発覚するやいなや射殺された。

関連項目[編集]