白双糖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザラメ糖から転送)
移動先: 案内検索

白双糖(しろざらとう)とは、蔗糖結晶させた砂糖の一種である。一般的な通称はザラメ糖白ザラメ上双糖

概要[編集]

粒径が1.0-3.0ミリメートル位の大粒、無色透明で光沢のある結晶をもち、無臭で淡白な甘味が特徴[1]。 製法はグラニュー糖氷砂糖と同じ方法で糖液を結晶させる。その粒は氷砂糖より小さいが、目ではっきり確認できる程の大きさで、平たい直方体になっている。 砂糖としての純度が極めて高く、ある程度の高温までなら透明さを保つ事から、菓子リキュールの原料に使用されることが多い。カルメ焼き綿菓子の材料ともなる。

元々は粒の目が粗いことから「あらめ」と呼ばれ「粗目」と表記されていたが、次第に発音が訛って「ざらめ」と呼ばれるようになり「双目」と当て字されるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 高田明和、橋本仁、伊藤汎監修『砂糖百科』社団法人糖業協会、2003年、pp.134-135