サーソヴォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯54度21分 東経41度55分 / 北緯54.350度 東経41.917度 / 54.350; 41.917

サーソヴォの紋章

サーソヴォロシア語: Са́сово; Sasovo)はロシア連邦リャザン州東部にある都市。メシュチョラ低地の南東の縁にあり、オカ川水系に属するモクシャー川の左支流ツナ川(Цна)沿いに建つ。州都リャザンからは南東へ184キロメートル。人口は30,736人(2002年国勢調査)、1989年ソ連国勢調査では35,875人、2006年の推計では29,568人。

歴史[編集]

サソヴォの入口にある看板

サーソヴォの名は、1642年の記録の中に初出している。17世紀前半、サーソヴォの村はシビル・ハン国の末裔が治めるカシモフ・ハン国の一部であった。

18世紀に入ると、現在の市章にもロープの絵が描かれているように、ロープ製造が主な産業であった。19世紀半ばになるとこの地方の交易の中心地となった。1893年に鉄道が開通すると、鉄道会社の所有地となった。

1926年になり市の地位を与えられている。

経済と交通[編集]

サーソヴォには農業機械や精密機器の工場がある。また繊維業や食品工業なども立地している。

モスクワリャザンルザエフカシズラニを結ぶ鉄道がサーソヴォを通る。モスクワからの距離は381km。また、M5幹線道路上のシャーツクカシモフとを結ぶ地方道R124も通る。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]