サン・シモン・ダ・コスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サン・シモン・ダ・コスタ
San Simón da Costa
Queso San Simón Da costa.jpg
分類 セミハード[1][2]
原料 牛乳
原産国 スペイン
原産地 ガリシア州ルーゴ県テラ・チャ
詳細は本文参照(『牛乳の産地』節)
生産場所 酪農場、酪農工場
生産期間 一年中
形状 円錐状
大きさ 本文参照(『サイズと重量』節)
重量 本文参照(『サイズと重量』節)
脂肪分 45%以上
表皮 スモークした滑らかな表面をもつ
熟成 大きいものは45日、小さいものは30日以上[3]
呼称統制 DO(1999年[4]
DOP(2008年[4]
テンプレートを表示

サン・シモン・ダ・コスタガリシア語: San Simón da Costa)は、スペインガリシア州ルーゴ県テーラ・チャで生産される、牛乳を原料としたチーズ[2]。セミハードタイプに分類される[2]。スモークされており、クセもなく食べやすく「コーヒー牛乳」に例えられる香ばしい甘味が特徴[5]。独特の形状もまた特徴のひとつ[4]

歴史[編集]

いつごろ生産が開始されたかは定かではないが、「伝説」によるとしながらも紀元前3 - 2世紀ごろに発生したカストロ文化[6]に起源をもとめる巷説が紹介されている[4]。以降、現代へと受け継がれ、確認可能な文献への登場は19世紀、広く知られるのは20世紀初頭まで待たねばならなかった[4]

チーズの名称としてサン・シモンが登録されるのが1991年で、スペインのDOには表題のサン・シモン・ダ・コスタとして1999年に登録され、2008年には欧州連合DOPにも登録された[4]。2013年現在で年間400トンほどの生産量である[7]

牛乳の産地[編集]

ルーゴ県の以下の市が、DOPで許可される産地として挙げられる[8]。ウシの品種も限定される[8]

サイズと重量[編集]

文献 (本間 2012, p. 136) および (CRDOP San Simón da Costa 2013, 「製造法」の項) で示されるサイズと重量は2種類あり、それぞれ下表の通り(出典のうち前者は底辺の直径、後者は高さを解説している)。

直径 高さ 重量
13 - 18cm 同左 800 - 1,500g
10 - 13cm 同左 400 - 800g

※ 表中の cm はセンチメートル、g はグラムを表す。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 以下「基本情報」欄は、特記の無い限り下記文献 (本間, 増井 & 山田 2009, p. 191) 「サン・シモン」の項による。
  2. ^ a b c 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編 『チーズ図鑑』 182巻(7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、191頁。ISBN 4-16-660182-2 
  3. ^ C.R.D.O.P. SAN SIMÓN DA COSTA. “CRDOP San Simón da Costa”. sansimondacosta.com. 2014年12月2日閲覧。「製造法」の項。
  4. ^ a b c d e f 前掲 (CRDOP San Simón da Costa 2013, 「歴史」の項)
  5. ^ 本間るみ子、主婦の友社編 『チーズの選び方 楽しみ方』 株式会社主婦の友社、2012年、136頁。ISBN 978-4-07-285215-6 
  6. ^ Jack Amano;堤淳一 訳. “太平洋の覇権(10) 航海時代に至るまでのポルトガル”. 丸の内中央法律事務所. 2014年12月2日閲覧。
  7. ^ 前掲 (CRDOP San Simón da Costa 2013, 「未来」の項)
  8. ^ a b 前掲 (CRDOP San Simón da Costa 2013, 「原産地」の項)

外部リンク[編集]