サンル川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンル川
水系 一級水系 天塩川
種別 一級河川
延長 33 km
水源 毛鐘尻山(雄武町
河口・合流先 名寄川下川町
流域 北海道上川郡下川町
テンプレートを表示

サンル川(サンルがわ)は、北海道上川総合振興局管内、上川郡下川町珊瑠(さんる)地区を流れる天塩川水系一級河川で、名寄川最長の支流である。川名は、アイヌ語の「サン・ル・ペシ・ペ」に由来し、その意味は「沙留越えの峠道となる川」(沙留(SarがSanに音韻変化)・道・それに沿って下る・者)とされる[1]

地理[編集]

北海道オホーツク総合振興局管内、紋別郡雄武町の毛鐘尻山の南方で、下川町の区域に源を発し西南に流れる。支流幌内越沢川との合流部付近より南へと流路をとり、下川町市街地北部で名寄川に合流する。

流域の自治体[編集]

北海道
上川郡下川町

支流[編集]

  • 幌内越沢川 - アイヌ語名「サク・ル・ペシ・ペ」(夏・道・それに沿って下る・者)、峠を越すとオホーツク海に注ぐ幌内川上流に出る。
  • サンル十二線川 - アイヌ語名「オクルマットマナイ」、支流の鉱山沢川(旧名「御車右股沢川」、アイヌ語名「シンノシケクシペッ」)の上流に珊瑠鉱山があった。
  • 一の沢川 - アイヌ語名「ヌカナンポ」。

並行する交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北海道環境生活部 アイヌ語地名リスト