サンタ・クルスへの長い旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンタ・クルスへの長い旅』(サンタ・クルスへのながいたび、Der Lange Weg Nach Santa Cruz)は、ドイツの児童文学作家ミヒャエル・エンデ絵本である。この作品は、8歳の少年ヘルマンの長くて短い一人旅の話である。日本語版は岩波書店から発行された。

登場人物[編集]

  • ヘルマン
    8歳3ヶ月。学校の成績が悪い。
  • カーラ
    ヘルマンの妹。
  • お母さん・お父さん
    ヘルマンに色々な事をこまごま言い聞かす。