サマルカンド航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サマルカンド航空
IATA
C7
ICAO
UZS
コールサイン
設立 2005年8月3日
ハブ空港 タシュケント国際空港(貨物)
サマルカンド国際空港(旅客)
就航地 26都市
本拠地  ウズベキスタンタシュケント
外部リンク http://www.c7.aero/index.html
テンプレートを表示

サマルカンド航空(サマルカンドこうくう、ウズベク語: Samarqand Xavo Yo'llari / Самарканд Хаво Йуллари英語: Samarkand Airwaysロシア語: Самаркандские авиалинии)は、ウズベキスタンタシュケントを本拠地とする航空会社である。

概要[編集]

サマルカンド航空はアメリカ合衆国の企業とウズベキスタンのジョイントベンチャーによる有限責任会社として2005年8月に設立された[1]。2005年11月10日、ウズベキスタンの航空機運用のための安全面の審査を受けた。

2005年12月19日、サマルカンド航空は国内便、国際便における貨物輸送に関するライセンスを取得、航空機運用を開始した。ICAO識別コードはUZS、IATA識別コードはC7/732となっている。

サマルカンド航空はアメリカ合衆国ケンタッキー州に本拠地を置く航空会社、「UMS LLC」[2]とのジョイントベンチャー企業である。UMS LLCはウズベキスタン国内に事務所をおいており、ウズベキスタン外務省により公式に貿易・投資を行う企業として登録されている。サマルカンド航空は国内外19都市に貨物輸送を行なっている[3]他、ロシアモスクワサンクトペテルブルクベトナムハノイ香港などにチャーター便を使用した旅客輸送を行なっている[3]

脚注[編集]

  1. ^ About Us”. c7.aero. 2013年6月24日閲覧。
  2. ^ Offices”. tamerlanaviation.com. 2013年6月24日閲覧。
  3. ^ a b Cargo and Passenger Charters”. c7.aero. 2013年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]