サハラッタナナコーン工業団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サハラッタナナコーン工業団地 (タイ語:นิคมอุตสาหกรรมสหรัตนนคร英語:Saha Rattana Nakorn Industrial Estate)は、タイタイ工業団地公社が管理する工業団地の一つ。タイ中部アユタヤ県に位置する。1994年に開設。

概要[編集]

バンコクにも近く、かつ豊富な工業用純水を供給できることから、自動車部品、電機・電子部品や食料品などを生産する日系企業も多く入居している。

管理事務所所在地[編集]

アユタヤ県 ナコーンルワン郡 タムボン・バーンプラクルー、 ムー4、103

103 หมู่ 4 ต.บางพระครู อ.นครหลวง พระนครศรีอยุธยา 13260

用地[編集]

  • 用地面積 - 総面積 328ha 第一フェーズ 230.5ha(内訳は一般工業区 138.8ha、住宅・商業用区 6ha、公共インフラ設備/施設区 85.7ha など)

施設[編集]

  • 水道水:5箇所の井戸。生産能力は11,960㎥/日。給水能力は4,700㎥/日。
  • 電力:地方発電公社。電力供給能力が80メガボルトアンペア電圧は22キロボルト
  • 電話:1,000回線 (TOT社とTT&T社)
  • 廃水処理 :処理能力は一日当り8,000㎥。
  • ごみ焼却:一時間当たり500kgの焼却が可能
  • 道路:幹線道路は幅員40m(4車線)。補助幹線道路は幅員28m(2車線)。小道路幅員12m(2車線)。
  • 地質:11-14mの岩盤があり、1㎡あたり30-50tの加重に耐ええる。
  • タイ工業団地公社本部およびサハラッタナナコーン工業団地事務所にてワンストップサービスセンター(OSOS)がある。

洪水[編集]

(工業団地の被災についてはタイ工業団地公社2011年タイ北部・中部地域及びバンコク都における降雨・洪水被害の項を参照)

水へのアクセスが良い一方で洪水対策は懸案となっており、工業団地では毎年多くの資金を投入し、洪水を防いで来た経験を持つ[1]。しかし2011年7月から続くタイ北部の大雨によりアユタヤ県内でも洪水が発生し、10月4日には工業団地内でも冠水した。タイ工業団地公社は団地内への立ち入りを禁止し、団地内の48企業の工場が操業を停止した[2]


脚注[編集]

  1. ^ "น้ำเริ่มท่วมนิคมอุตฯอยุธยา"ポストトゥデー紙2011年10月4日
  2. ^ 『タイ洪水、日系企業に影響=立ち入り禁止の工業団地も』時事ドットコム 2011年10月5日22:20

関連事項[編集]

外部リンク[編集]