サクリファイス (チェス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
d7 black knight
e7 black bishop
f7 white bishop
g7 black pawn
h7 black pawn
d6 black pawn
f6 black knight
e5 black pawn
d4 white pawn
e4 white pawn
c3 white knight
f3 white knight
a2 white pawn
b2 white pawn
c2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
h1 white rook
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
フィリドールディフェンスのハンハムバリエーションでは、6.Bxf7 +の動きはビショップのサクリファイス[1]

サクリファイス(Sacrifice チェス)とは、チェスでマイナーピースもしくはメジャーピースを相手にあえて取らせることで、局面を自分が優勢になるようすることである。

右図の局面は、白が白マスビショップ(マイナーピース)をサクリファイスした局面である。黒は白のビショップをキングで取ると、Kxf7.Ng5+.Kg8.Ne6.Qe8.Nxc7.Qd8.Nxa8と続き、クイーン が取られない限り必ず黒のa筋のルークが白のナイトで取られる。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Matanović, Aleksandar, ed (1997). Encyclopaedia of Chess Openings. C (3rd ed.). Yugoslavia: Chess Informant. p. 216, n.51. ISBN 86-7297-035-7. "6.Bxf7+ Kxf7 7.Ng5+ Kg8 8.Ne6 Qe8 9.Nxc7 Qg6 10.0-0 (10.Nxa8? Qxg2 −/+) 10...Rb8 11.dxe5 Nxe5 (11...dxe5 12.f4 =/∞) 12.Kh1 Qh5 13.f3 h6 14.Qd4 Nc6 15.Qd3 Qa5 16.N7d5 =/∞ S. Mirkovic"