サウード・ナシール・アル・サーウド・アル=サバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シャイフサウード・アン=ナーセル・アッ=サバーハ(1944年10月3日[1] – 2012年1月21日、アラビア語: سعود الناصر الصباح‎ )、[2]クウェート王族(サバーハ家)の一員であり、クウェートの前米国大使英国大使であった。また、彼は1998年から2001年まで、石油大臣だった。[2]

伝えられるところによれば、湾岸戦争(第一次湾岸戦争)での米国の関与を進めるため、クウェート政府によって設立された表向きの組織、自由クウェートのための市民運動英語版に関与し、彼の娘は現地のクウェートにいないにも関わらずイラク軍が残虐行為をしたと虚偽の証言を行った(ナイラ証言)。 上述の関与は、1992年のドキュメンタリー映画「トゥ・セル・ア・ウォー英語版」で取り上げられた。

参照[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ a b Kuwait mourns former oil minister Khaleej Times, 22 January 2012

関連項目[編集]